クサカベの絵具・インク・メディウム類

  • 対象商品:70
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

絵具の種類について

絵具の種類は数多くありますが、一般的に使用される絵具には【油絵具】【水彩絵具(透明・不透明)】【アクリル絵具】の3種類があります。【油絵具】は顔料にポピーオイルやリンシードオイルなどの植物油を加えて練った絵具です。油が空気に触れて酸化重合することで絵具が固まりますが、油絵が描いてすぐに乾かないのはこの化学変化がゆっくり進む為です。絵具が固まりにくい為、制作にじっくり時間を掛ける事が出来ます。また水性絵具のように水分が蒸発するのとは異なり、油がそのまま固化しますので、乾燥後も厚みがほぼ変化しません。【水彩絵具】は顔料に水溶性樹脂(アラビアガムやデキストリン)を練り合わせて作ります。水彩絵具に水を加えただけで描く事が出来るので、油絵具よりも簡単に描く事が出来ます。初心者におすすめの絵具です。また水彩絵具には[透明水彩絵具]と[不透明水彩絵具]の2種類があります。その違いは、顔料と水溶性樹脂との配合量の比率です。透明水彩絵具は顔料の量に対する水溶性樹脂の比率が高く、不透明水彩絵具は顔料の量に対する水溶性樹脂の比率が低く配合されています。透明水彩絵具は水溶性樹脂の量が多いので、絵具を塗った表面は平滑になります。一方、不透明水彩絵具は水溶性樹脂が少なく顔料の粒子が多くなる為、凹凸のある表面に仕上がります。例えば、透明なガラスとすりガラスをイメージしてください。透明なガラスは表面がつるつるしているので透明に見えますが、すりガラスは表面がざらざらしているので、表面に当たる光が乱反射して不透明に見えるのです。【アクリル絵具】は石油から合成されるアクリル樹脂を媒材として開発された絵具です。油絵具に比べて乾燥が速く、補助材として画面に艶を出す[グロスメディウム]や逆に艶を消す[マットメディウム]等があります。絵具の発色が良く退色しにくい。水に溶けるが乾くと耐水性になる。大画面の平塗りに適している。強固な被膜が形成される為、優れた耐候性・耐薬品性を持つ等の特徴があります。一方、色数・色彩の深みなどの点で油絵具に劣るとも言われておりますが、改良が重ねられた結果、現在では多くの人々に広く使われています。

クサカベについて

油絵具の老舗「クサカベ」は1928年(昭和3年)薬剤師だった日下部信一による「クサカベ油絵具製造所」の設立が礎となっています。後の1971年(昭和46年)「クサカベ油絵具製造所」の廃業にともない、クサカベの系統は「アサヒ絵具」「クサカベ油絵具」「ミノー油絵具」の3つに分流しますが、1996年(平成8年)3社が再び統合され「株式会社クサカベ」が誕生しました。現在は「アクリル絵具」と「油絵具」両方の特性を併せ持った「アキーラ」が新しい絵具として注目されています。アキーラの名前は、アクア・アルキド・テンペラから取られたことが由来です。世界初の精製アルキド樹脂絵具で、支持体の選択肢が広まり、より豊かな表現を可能にしました。テンペラ絵具のように、水性・油性を問わず描くことが出来るのが最大の特徴です。株式会社クサカベは絵具づくりを通じ、人々の生活を豊かにする芸術・文化の創造に深く関わりをもってきました。今後も社会との共生を鑑み、さらにグローバルな視点から「地球環境との調和」を考慮し、「環境負荷の少ないモノづくり」に専念し、社会の発展に貢献することを方針としています。
価格