パイロット

1916年(大正5年)初の純国産14金ペン先の製造技術を開発した、東京高等商船学校教授の並木良輔が、同窓の和田正雄の協力を得て、1918年(大正7年)「株式会社並木製作所」を設立して創業。1938年(昭和13年)に「パイロット萬年筆株式会社」に、1989年(平成元年)に「株式会社パイロット」に社名を改称しています。船舶用語で「パイロット」は「水先案内人」を意味し、創業者の二人が商船学校の同窓だった事に由来しています。

  • 対象商品:9
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

パイロットについて

パイロットの筆記具事業は並木良輔による万年筆の開発から始まり、時代と共に新たな筆記具領域、ボールペン・シャープペンシル・マーキングペン等へと大きく展開していきました。あらゆる「書く」を支える為に、パイロットは筆記具のオールラウンダーであることを掲げています。1980年代以降、長い歴史の中で培われた技術力や開発力が、パイロット独自の新しい筆記具となって次々と発表されていきました。例えば、磁気による筆記システムパネルの開発や、ボールペンの黒・赤・シャープペンシルが1本になった世界初の多機能筆記具の発売等があげられます。また、1990年以降になると、さらに画期的な筆記具が続々と発表され、数多くのヒット商品が生まれました。筆記時の負担を軽減するボールペン「ドクターグリップ」、極細ボールペン「ハイテックC」、こすると消えるボールペン「フリクション」、水性顔料ノック式ゲルインキボールペン「ジュースアップ」等は現在に至るまで広く知られ、愛用者も多い商品です。近年ではシンプルで使いやすい万年筆「カクノ」が話題となり、万年筆・インクブーム再来のきっかけとなりました。後に待望されていた透明ボディも発売され、人気キャラクターとのコラボ商品も展開されるなど、その人気は留まるところを知りません。

世界堂はパイロットの商品を豊富に取りそろえる通販サイトです。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格