マルオカ工業

マルオカ工業は油絵木枠の国内トップメーカーです。当ショップでは厳選したムク杉材の上質な製品をお届けします。

  • 対象商品:5
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

マルオカ工業について

マルオカ工業株式会社は昭和22年、湯川保人によって木曽五木である木曽檜を使った「檜蒸篭」(曲げ木の木製品)の製造業者「湯川木工所」として創業しました。昭和30年、地元の油絵作家の薦めから木枠の製造に取りかかりました。昭和45年には、マルオカ工業株式会社として法人化されました。そして昭和50年、張キャンパスの機械化に取り組み、キャンパスの自動張機械を開発、特許を取得しました。その後自社の製材工場を設立し「丸太からの一貫生産」を完成させました。マルオカ工業は木枠の命は材質であるとし、木材にこだわり続け、製造を行っています。樹齢200年以上のオールドグロスと呼ばれる米杉の柾目だけを使用し、価格を抑えるために木の品質を落とす事はしません。「お客様の作品を100年以上守りたい。」その想いがマルオカの木枠には込められています。木枠のロゴマーク、「〇」の中に岡は最高級の木枠の証です。

米杉材について

カナダ太平洋岸に位置するブリティッシュ・コロンビア州の5大樹種のひとつ米杉ウェスタンレッドシダーをマルオカ工業では使用しています。キャンバス用木枠としては最も適した材質を持つ限られた木材ですカナダでは、ウェスタンレッドシダー(WESTERN RED CEDAR)と呼ばれており、太平洋沿岸北西部と内陸部の温帯雨林地帯に多く生息しています。この樹木は北米で最も長く生きてきた優れた耐腐朽性と害虫に対する耐性を備えた針葉樹(ひのき科ネズコ属)の一つです。そのため大きな木に成長します。また、別名ジャイアントアーボビタエとも呼ばれてます。アーボビタエ(Arborvitae)とは、ラテン語で『I’arbre de vie (命の木)』を意味し、この樹木を崇拝してきた北米の先住民族は、固有の伝統や文化を継承するために今日でもシダーを利用してカヌーやトーテムポールを創っています。ブリティッシュ・コロンビア州には総蓄積量約7億5000万㎡のウェスタンレッドシダーが自生しており(そのうち5000万㎡近くは国立公園や保護区に生育しています)、その半分は沿岸地域にあります。大部分は樹齢250年以上の許容伐採量であり、森林の維持可能な量として設定されています。ウェスタンレッドシダーは通常高さ35m、太さ直径2.4mに成長しますが、より大きな個体もよく見られます。世界で最大のシダーはアメリカ、ワシントン州のオリンピック国立公園にあり、樹高55m、外周22m(直径約7m)、体積が500㎡、樹齢は2000年を超えていると推定されています。

世界堂はマルオカ工業の商品を豊富に取りそろえる通販サイトです。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格