日本画・デザイン筆

日本画には多様な用途に細分化された筆が用いられます。多彩な表現を用いるデザイン画の世界にも、日本画の筆が重用され、双方の分野で用いられる事となりました。

メーカー・ブランドで絞り込む

  • 対象商品:30
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

メーカー・ブランドで絞り込む

日本画筆の種類について

こちらには日本画筆の種類について紹介します。洋画筆とは名称が異なりますので、日本画筆をご購入の際には事前に確認をしておきましょう。【線描き筆(せんがきふで)】日本画の一番基礎となる筆で、特に細い線を引く時に使用します。線描き筆にはさまざまな毛が使われ、墨や絵具の含みも良く太い線や細い線の両方に対応します。【彩色筆(さいしきふで)】日本画の着色用に造られた筆で、最近では水彩・デザインなどの塗り込みなどに多く使われています。原材料は羊毛・馬毛・鹿毛などを混毛して造られます。【面相筆(めんそうふで)】人物や仏像の面相(顔)を描くための筆ですが、日本画・デザイン・アニメなど幅広く使われています。【隅取筆(くまとりふで)】ぼかし筆ともいわれ、筆や絵具のぼかしになどに使用され、最近では水彩画にも使われています。馬胴毛と羊毛が主原料の為、含みが非常に良いのが特徴です。【付立筆(つけたてふで)】日本画の代表的な筆で、1本で大体の物が描けるとまで言われています。花鳥・四君子など水墨・日本画向けとして幅広い層で使用されています。厳選された羊毛と天毛(馬の尻尾の脇毛)が主材料で含みが良く、毛先も良く効きます。【絵刷毛(えはけ)】良質な羊毛を使った絵刷毛は絵具の含みが良く、水張り・ドーサ引き・描画に使われます。使用後は根本部分の絵具、墨などを良く洗って吊り下げるように乾かしてください。【連筆(れんぴつ)】日本画用の刷毛の変形した筆として、一本の筆を連ねたものです。墨や絵具で描いたり色を柔らかくのせる時など幅広く使われ、刷毛では出せない味を表現できます。【平筆(ひらふで)】数多くの種類がありますが、白毛のものは主に羊毛を、茶毛のものは馬毛を使う事が多いです。広い面を塗ったり刷毛のように使ったりと用途の広い筆です。

おすすめのデザイン筆セット

<ターレンス>【ヴァンゴッホ デザイン筆(GD)セットB】は、デザイン画や平面構成を描く上で欠かせない筆が揃ったセット品です。[平筆3号 / 面相筆(中) / 彩色筆(中)]の3本セットとなっております。ここでは各々の筆の特徴について解説します。平筆は主にベタ塗りや広い面を塗る際に使用します。また、筆先の角の部分を上手く扱うことで、シャープな直線を描く事が可能です。毛質は羊毛を主体に羊尾毛との混毛で造られており、水の含みが良いのが特徴です。面相筆は穂先が細長く、細かい所を塗る時に使用します。毛質は馬毛を主体に兎毛・人工毛の混毛で造られており、まとまりがよく線や細密な描写に最適です。彩色筆は細かい彩色から広い面に調子をつけながらの着彩まで、幅広く使える万能な筆です。馬毛を主体に羊毛・羊尾毛・人口毛の混毛で造られており、弾力性があります。日本画・デザイン筆は各々の特徴を生かして活用することがポイントです。まずはお試しにこの3本セットから始めてみては如何でしょうか?

世界堂は日本画・デザイン筆をご用意している通販サイトです。筆・刷毛・ペインティングナイフ類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格