水彩筆(自然毛)

コリンスキーセーブル(シベリアミンク)などに代表される、自然毛を中心とした水彩筆を集めました。自然毛特有の絵具の含みの良さ、切れの良さが特徴です。近年では原材料の希少性から、高値で手に入りにくくなっています。

  • 対象商品:25
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

水彩画の歴史

水彩画の歴史は非常に古く、旧石器時代のヨーロッパで洞窟に描かれた絵にまでさかのぼるといわれています。少なくともエジプト王朝時代から写本彩色のために水彩は用いられ、特に中世ヨーロッパでも使用され続けました。中世の彩色写本は、もともと羊の皮や、子牛の皮などに卵白テンペラで描かれていましたが、次第に紙の上に展色剤(アラビアガム)で描かれるようになりました。子牛の皮では紙のようなにじみの効果は期待できず、技法的に現在の水彩とは異なるようです。芸術の手段として水彩画が用いられたのはルネサンス期からです。ドイツの画家アルブレヒト・デューラーは、植物・動物・風景の優れた水彩画を残していて、水彩画の最初期の代表的作家であると考えられています。しかし、水彩画は古い歴史がありながらバロック時代の油絵画家からはスケッチや模写あるいはデザイン画の道具として使用されるのが一般的でした。水彩画の歴史において、最も重要な歴史は植物画・生物画です。植物画はルネサンス期に人気が出て本や新聞の木版画、または羊皮紙や紙に描いたものにも彩色を施しました。植物画は初期から精巧に描ける水彩画の得意分野であり、現代でも対象をフルカラーで写生し明確に描ける事から、科学的な出版物や博物館の出版物のイラストによく使用されています。また水彩画は18世紀の英国でも広く普及し、貴族の子女、特に女性にとって教養の一つとなっていました。一方、水彩は鑑定家・測量士・軍人・技術者等から現場での地勢・防御施設・地形を記録する場合や公共の事業や依頼されたプロジェクトのイラストを作成する際の利便性により高く評価されていました。

世界堂は水彩筆(自然毛)をご用意している通販サイトです。筆・刷毛・ペインティングナイフ類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格