ニッカー絵具の水彩絵具

  • 対象商品:5
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

水彩絵具の組成と種類

水彩絵具は顔料を水溶性樹脂で練り合わせて作ります。水溶性樹脂とは、アラビアガムやデキストリンなどが使用され、顔料の粒子を紙等の画面に接着させる役割があります。またチューブや容器の中で絵具が安定した状態に保たせる補助剤として、適度な湿り気を保たせるための湿潤剤や、カビが生えないようにする防腐剤なども添加されています。水彩絵具の種類として[チューブ入り]または[固形]水彩絵具があります。チューブ入りは絵具を液状のままチューブ容器に充填したものであり、固形絵具は絵具を容器に入れて固めたものです。また固形絵具には半乾きの状態で固形にしているパンカラーと、絵具を乾燥させて粉状にしてからプレスして固めたケーキカラーの2種類があります。パンカラーは透明水彩絵具を固形にしたものであり、絵具が小さな四角い容器に入っているので、その形状から「キャラメルカラー」とも呼ばれることがあります。サイズは3種類あり、一番大きい[ホールパン(上辺が30mm×12mm)]、その半分の[ハーフパン(15mm×12mm)]、さらに小さな[クォーターパン(11mm×11mm)]があります。ただし、クォーターパン日本ではあまり流通していません。(※大きさはメーカーによって多少の違いがあります。)一方、ケーキカラーには透明水彩絵具を固形にしたものと、不透明水彩絵具を固形にしたものがあります。ケーキカラーの容器の形状には、四角いものと丸いものがあります。大きな作品を描く時や、広い面を塗る場合には多めに絵具を溶いておく必要があるのでチューブ入り絵具が便利です。また、小さな作品を描くときや野外スケッチなどに出かける際の携帯用としてはコンパクトな固形絵具の方が場所を取らずに描けます。

ターナー 透明水彩絵具 海外色について

ターナー色彩から発売されている透明水彩絵具は、日本国内版では全54色の色数です。しかし、海外では倍以上の豊富なカラーバリエーションで展開されていることをご存知でしょうか。当ショップでは何とその海外色である全148色をお取扱いしています。海外色では国内版には無い真珠のような光沢感のあるパールカラーや、キラキラしたインターフェアレンスカラーなど、実に多彩なカラーラインナップが出揃います。また、愛用者から根強い人気のある「マヤシリーズ」もラインナップに含まれます。マヤシリーズとは、古代マヤ文明のロマンを受け継ぐことをコンセプトに掲げた奥深い色合いの全7色のシリーズです。マヤ文明に由来する色味と古来の技術をベースに再現した、伝統的な魅力のある絵具です。中でもマヤブルーはその独特な青色の美しさから人気が高く、愛用者が多い色の一つとして知られています。

ラウニー 水彩絵具について

ダーラー・ラウニー社の水彩絵具は極上の顔料を使い、厳密な調合と製造工程によって出来上がる最上級の水彩絵具です。200年に及ぶ絵具製造経験から生まれたその発色の良さと品質は世界中のプロからアマチュアまで虜にしてきました。単色全80色展開となっており、単色使いは勿論混色も綺麗に仕上がります。また水彩紙の地の色にも左右されず、英国のプライドが発色の良さを裏切りません。是非一度英国最高級の水彩絵具を試してみてはいかがでしょうか…?

ニッカー絵具について

ニッカー絵具製造所は1950年10月 戦前文房堂絵具工場に勤務していた伊藤一三が、商業美術の専門家を対象にした絵具を生産する為に設立されました。その後、「ポスターカラー」「ガッシュ」「デザイナースカラー」といった専門家向け絵具の開発・製造を行い、販売へ至りました。ニッカーの有名な「ポスターカラー」は冴えた鮮やかな色が特徴です。50年あまりにわたる研究と歴史が濁りの少ない絵具を生み出し、現在でも多くのアニメーターやデザイナーが好んで使用しています。最近ではアニメーション美術監督 渡邊洋一氏監修の元、「夏空と海を描く」為のポスターカラーセットが販売されました。YouTubeで公開している背景画講座を対象にしており、動画の実演を見ながら実践することが出来ます。また、アニメ用の絵具で名高いメーカーです。古くは手塚治虫の「鉄腕アトム」に使用され、スタジオジブリも同社の絵具を愛用。「となりのトトロ」「もののけ姫」など、数多くのヒット作で使用されました。虫プロやスタジオジブリのスタッフ達と、膝を突き合わせて絵具を作った、という逸話が残っています。
価格