ホルベインのアクリル絵具

  • 対象商品:19
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

アクリル絵具の特徴と欠点

アクリル絵具は1950年代に発明されて以来、長い歴史のある油絵具と共に今日の代表的な絵具の一つとなっています。アクリル絵具とは石油から合成されるアクリル樹脂を媒材として開発された絵具です。アクリル絵具の主な特徴として【水で溶く】【早く乾く】【ひび割れしない】などがあります。アクリル絵具は水で溶いてから描きますが、絵具が乾くと耐水性となります。また水で薄めていくと水彩絵具のような表現も可能です。またエアブラシなどにも用いられます。油絵具が酸素を吸収して結合するという化学的変化によって固化するのとは違い、アクリル絵具は水分が蒸発することで固化します。その為、絵具の乾燥に要する時間が少なく早く塗り重ねが出来るので、大きな画面を制作する場合やライブペイントなどに適しています。アクリル絵具の媒材であるアクリル樹脂は可塑性のあるメディウムである為、柔軟性のある塗膜に富み、ひび割れがしにくい性質があります。厚塗りした画面であっても、キャンバスを木枠から外して巻いたり、折り曲げても、ひび割れることはありません。一方、アクリル絵具にも【絵具が痩せる】【色が沈む】【厳寒に弱い】などの欠点があります。上記にも記した通りアクリル絵具は水分を蒸発して乾くので、乾いた画面は描画している時より体積が減ってしまい痩せたように見えます。 この為、地塗りや下塗りの段階で厚みを作っておくなどの工夫が必要です。色が沈む原因としては、アクリル絵具は濡れている時の「濡れ色」と、乾いた後の「乾き色」に差があります。塗れている時には水分を含んで鮮やかに見えていた色でも、乾くと少し暗く沈んだ色合いになります。その差は色によって異なりますので、あらかじめそれぞれの色の変化を知っておく必要があります。またアクリル絵具は寒さに弱く4℃以下の低温になると造膜ができなくなり、接着力も弱くなるという性質があります。冬季には野外での使用は避けた方が良いでしょう。アトリエなどの室内でも、夜間になると暖房を消して4℃以下の低温になる環境では、使用する前に室温を20℃程度に温めてしばらく置いておくと元に戻ります。低温に弱いアクリル絵具は凍結すると変質する可能性がありますので、凍結を防ぐ為にアクリル絵具には凍結安定剤としてグリコールが混ぜられています。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格