ホルベインのアクリル絵具

  • 対象商品:24
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

アクリル絵具の特徴と欠点

アクリル絵具は1950年代に発明されて以来、長い歴史のある油絵具と共に今日の代表的な絵具の一つとなっています。アクリル絵具とは石油から合成されるアクリル樹脂を媒材として開発された絵具です。アクリル絵具の主な特徴として【水で溶く】【早く乾く】【ひび割れしない】などがあります。アクリル絵具は水で溶いてから描きますが、絵具が乾くと耐水性となります。また水で薄めていくと水彩絵具のような表現も可能です。またエアブラシなどにも用いられます。油絵具が酸素を吸収して結合するという化学的変化によって固化するのとは違い、アクリル絵具は水分が蒸発することで固化します。その為、絵具の乾燥に要する時間が少なく早く塗り重ねが出来るので、大きな画面を制作する場合やライブペイントなどに適しています。ただし乾燥が速く固着力が強いので、誤って意図しない所に付着させない様に注意が必要です。 アクリル絵具の媒材であるアクリル樹脂は可塑性のあるメディウムである為、柔軟性のある塗膜に富み、ひび割れがしにくい性質があります。厚塗りした画面であっても、キャンバスを木枠から外して巻いたり、折り曲げても、ひび割れることはありません。一方、アクリル絵具にも【絵具が痩せる】【色が沈む】【厳寒に弱い】などの欠点があります。上記にも記した通りアクリル絵具は水分を蒸発して乾くので、乾いた画面は描画している時より体積が減ってしまい痩せたように見えます。 この為、地塗りや下塗りの段階で厚みを作っておくなどの工夫が必要です。色が沈む原因としては、アクリル絵具は濡れている時の「濡れ色」と、乾いた後の「乾き色」に差があります。塗れている時には水分を含んで鮮やかに見えていた色でも、乾くと少し暗く沈んだ色合いになります。その差は色によって異なりますので、あらかじめそれぞれの色の変化を知っておく必要があります。またアクリル絵具は寒さに弱く4℃以下の低温になると造膜ができなくなり、接着力も弱くなるという性質があります。冬季には野外での使用は避けた方が良いでしょう。アトリエなどの室内でも、夜間になると暖房を消して4℃以下の低温になる環境では、使用する前に室温を20℃程度に温めてしばらく置いておくと元に戻ります。低温に弱いアクリル絵具は凍結すると変質する可能性がありますので、凍結を防ぐ為にアクリル絵具には凍結安定剤としてグリコールが混ぜられています。

話題商品 ホルベイン アクリリックカラー[イリデッセンス]とは?

ホルベイン アクリリックカラー[イリデッセンス]とは、偏光顔料を使用した新しいアクリル樹脂絵具です。美しい光沢感があり、見る角度によって色味が変化する特徴があります。カラーバリエーションはクロマシャイン6色とクロマパール4色の全10色で、30mlボトルと5mlチューブのタイプで展開されています。「クロマシャイン」とは、光の反射で虹色に煌めくアルミニウム顔料で、東洋アルミニウム株式会社の登録商標です。不透明性が高く、下地の色の影響を受けにくい特徴があります。一方「クロマパール」は透明性が高く、下地の色を生かしつつキラキラした効果を加えたい時に向いています。アクリル絵具なので絵を描く際にはもちろんのこと、ちょっとしたDIYのペイントなどにも多用途に活用出来ます。

アムステルダム アクリリックカラーについて

「アムステルダム」とは、ロイヤルターレンス社のアクリル絵具総合ブランドです。品質が高く価格はリーズナブルであることから、プロからアマチュアまで広く愛用されているアクリル絵具です。透明なチューブに絵具を装填した珍しいパッケージは、一目で実際の色味が分かるデザインでより制作が捗ります。また、アクリル絵具の中でも仕様用途に合わせた多様なラインナップを展開していることも特徴です。【■スタンダード】…大型作品の制作へ向けた大作用アクリル絵具です。アムステルダムシリーズの中で一番色展開が豊富で、多彩な表現が可能です。大作用といっても品質が劣ることはありません。【■エキスパート】…プロのニーズに応える為に開発された、ターレンス社最高の技術と情熱を詰め込んだアクリル絵具です。全色が高い耐光性を持ち、顔料濃度も高く非常に鮮やかな発色が特徴です。【■ガッシュ】…不透明タイプのアクリル絵具です。筆ムラが出にくく、ツヤの無いマットな仕上りになります。不透明の為、下地の色を覆い隠す隠ぺい力があります。【■スプレーペイント】…スプレータイプのアクリル絵具です。広い面積や立体作品等に均一に塗りたい時に便利です。塗布面積は2回で約2~2.5m2が可能。透明、半透明、半不透明、不透明と4段階の透明度があります。スプレー故に使用時は適度な換気が必要となりますが、水性で臭いがほぼ無い為、環境に配慮した制作が可能です。

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在は、国内最大手の絵具・画材販売製造メーカーとなっています。

油絵具「ヴェルネ」の歴史

日本で最初に洋画用絵具をつくったのは東京の花廼家(はなのや)です。そこから独立した二代目によるブランド、桜木絵具を販売していたのがホルベインの前身、吉村商店でした。桜木油絵具の品質や製造量に不満を感じていた吉村商店の清原定謙は、みずから本格油絵具の開発を決意しました。清原は技術指導者を招き入れて桜木油絵具を改良し、ついにより高品質な製品を完成させました。これこそ、ホルベインブランドの油絵具第一号ホルベイン「ヴェルネ」油絵具でした。しかし昭和16年(1941年)清原は召集礼状により大陸へ招集され、さらに昭和19年(1944年)東京の製造工場が焼失します。ホルベイン油絵具の歴史はここで一度、完全に途切れることとなりました。その後復員した清原が、新工場で油絵具の製造を再開しましたが、「ヴェルネ」の名前が再び使われることは有りませんでした。
時は流れ平成22年(2010年)、ホルベインは油絵具の原点を、もう一度見直してみようと思い立ちます。有色顔料と乾性油だけのもっともシンプルな処方の絵具がもっとも色鮮やかで美しいことなどわかっています。しかしそれだけでは流通に耐える安定した製品にはなりません。粘り強く研究を続けた膨大なデータと永年蓄積された製造ノウハウのすべてが注ぎ込まれました。緻密な処方の設計と最新鋭の生産機の導入により、高い性能と安定性を両立させ、顔料のかつてない高分散により、驚くべき滑らかさ、色の濃度、透明度が実現しました。まさしく油絵具のそしてホルベインの原点、60 年以上の時を経た「ヴェルネ」の名は、600 年以上続く油彩画の歴史に新時代をもたらすべく、こうして復活を遂げる事となりました。
価格