ホルベインの顔料・関連商品

  • 対象商品:3
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

顔料と染料の違い

顔料と染料の違いは溶剤に溶けるか否かです。溶剤に溶けるものを[染料]、溶けないものを[顔料]といいます。染料は繊維を染める為に、顔料は絵具や化粧品などで用いられています。染料は溶剤に溶ける為、複数の色を混ぜ合わせることで比較的容易に新たな色を作る事ができます。反面、光に長い時間当たると褪せてしまう色が多くあります。顔料は溶剤に溶けない物質である為、溶剤の中で均一に混ざった状態となります。この為、色のムラが無く均等に描く事が可能です。また染料に比べて耐光性や耐水性に優れています。

顔料と染料の歴史

まず人類が最初に用いたのは赤色の顔料だったようです。赤色には生命を与える力があると信じられたようで、死体を赤土に埋葬したり、骨を赤く塗った遺物が発見されています。赤色の素になるのが酸化鉄で、身近な自然の中に多く存在し地表に露出していて入手しやすい色でした。紀元前1万5千年頃のアルタミラやラスコーなど洞窟画の原始時代には黒・白・褐色・赤褐色・黄色の系統の5色が使われていますが、まだ青や緑色の系統は無かったようです。一方、染料は紀元前数千年の古代遺跡や古墳から、藍染の麻布、あかね染の木綿などが発見されており、装飾品を彩るために古くから染料は使われていたと推測されています。人類は長い間、草や木などの植物、貝や昆虫に至るまで天然の素材に様々な染料を求めてきました。こうした天然染料の代表的なものには、藍草の葉、あかねの根、紅花の花、紫草の根、黄肌の樹皮などがあります。しかし、藍を除いてはあまり満足できる染色効果が得られませんでした。理由として、天然染料には特有の良さがあるものの種類は多くなく、また品質を安定させるのも難しい為、一度に得られる量も限られるという難点があった為です。しかし、19世紀中ごろに合成染料が作り出された事により染料の歴史が大きく変化します。近代産業の発展の中で藍とあかねは合成化学の芽を育てられ、藍は合成インジゴとして、あかねはアントラキノン化学の基礎となり、双方は合わせてインダンスレン染料へと発展していきました。さらに、石油化学の発展に伴い見出されたアニリンやアリザリンの合成は、合成染料の飛躍的進展に貢献しました。

クサカベ ピグメントシリーズとは?

クサカベのピグメントシリーズは絵画用の顔料を使いやすくパッケージした商品です。各種の専用メディウムと合わせることで、オリジナルの油絵具・水彩絵具・アクリル絵具を自作することが出来ます。クサカベのピグメントは通常色の数が豊富であることはもちろん、蛍光色・パールカラー・偏光カラー・グリッターダスト・蓄光・螺鈿色に至るまで、実に多彩でユニークなカラーラインナップが展開されています。中でも「蓄光グリーン」は珍しい蓄光顔料で、発売当初大変話題となりました。蓄光顔料とは光りを蓄積し、暗闇にした時に発光する顔料です。従来の蓄光顔料は水に弱く化学変化がしやすいという難点がありましたが、クサカベの蓄光顔料はそれを覆す耐水性を備え、長時間強く発光する性質を保ちます。この機会に各種絵具づくりから、暗闇の中で光る作品の制作に是非チャレンジしてみては如何でしょうか?

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在は、国内最大手の絵具・画材販売製造メーカーとなっています。

油絵具「ヴェルネ」の歴史

日本で最初に洋画用絵具をつくったのは東京の花廼家(はなのや)です。そこから独立した二代目によるブランド、桜木絵具を販売していたのがホルベインの前身、吉村商店でした。桜木油絵具の品質や製造量に不満を感じていた吉村商店の清原定謙は、みずから本格油絵具の開発を決意しました。清原は技術指導者を招き入れて桜木油絵具を改良し、ついにより高品質な製品を完成させました。これこそ、ホルベインブランドの油絵具第一号ホルベイン「ヴェルネ」油絵具でした。しかし昭和16年(1941年)清原は召集礼状により大陸へ招集され、さらに昭和19年(1944年)東京の製造工場が焼失します。ホルベイン油絵具の歴史はここで一度、完全に途切れることとなりました。その後復員した清原が、新工場で油絵具の製造を再開しましたが、「ヴェルネ」の名前が再び使われることは有りませんでした。時は移り平成22年(2010年)、ホルベインは油絵具の原点を、もう一度見直してみようと思い立ちます。有色顔料と乾性油だけのもっともシンプルな処方の絵具がもっとも色鮮やかで美しいことはわかっています。しかしそれだけでは流通に耐える安定した製品にはなりません。粘り強く研究を続けた膨大なデータと永年蓄積された製造ノウハウのすべてが注ぎ込まれました。緻密な処方の設計と最新鋭の生産機の導入により、高い性能と安定性を両立させ、顔料のかつてない高分散により、驚くべき滑らかさ、色の濃度、透明度が実現しました。まさしく油絵具のそしてホルベインの原点、60 年以上の時を経て一旦忘れられた「ヴェルネ」の名前は、600 年以上続く油彩画の歴史に新時代をもたらすべく、こうして復活を遂げる事となりました。
価格