クサカベの画用液・メディウム類

  • 対象商品:36
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

画用液の有害性・危険性と正しい取扱い方

画用液には有害性や危険性を知らせるアイコンが表示されているものがあります。有害性は健康に対する影響の程度、危険性は防火上の危険度の事になります。絵具の場合は直接的な毒性も低く体内に侵入する確率も低いので、それほど心配しなくても大丈夫です。しかし、画用液の場合は揮発性の有機溶剤が関わってくる為、蒸気を吸入することによる体内侵入があります。ベンゼンやトルエン、塗料用シンナーほど悪性ではありませんが、画用液に含まれる溶剤も有機溶剤ですから、濃厚な蒸気を長時間吸っていると眩暈や頭痛を引き起こす可能性があります。室内で画用液を使用する際には、換気にも気を付けましょう。画用液を幼児などが誤飲した場合の対処については、のどに指を差し込んだりして無理に吐かせてはいけません。吐いた溶剤が気管に逆流して、治りにくい化学性肺炎という症状を引き起こす恐れがあります。誤飲したら口をすすぐ程度にして慌てず病院に行ってください。画用液の中でも特に注意するものが[ストリッパー]です。他の画用液よりも毒性が格段に高いので、上記内容に沿って取扱いには十分注意してください。一方、危険性において画用液は消防法による第四類に相当します。つまり引火性液体です。その危険度は引火点によって決まるといってよいでしょう。引火点が低いほど常温で引火する危険度が増してきます。画用液の場合、比較的引火点が高く、灯油を扱うのと同じくらいの配慮が必要です。画用液で比較的引火点の低いのは、アルコールベースのフィキサチーフ類と可燃性ガスをつかったエアゾール類です。また乾性油は特殊な条件で自然発火する可能性があります。乾性油が酸素と反応するとき、わずかですが反応熱が出ます。通常は熱が自然に放散されて問題にはならないのですが、絵具を拭き取ったボロきれをぎゅうぎゅうにゴミ箱に詰め込んだ場合、発火の危険性が出ます。ボロきれについた油は空気と触れる表面積が大きいので熱の発生が早く、詰め込んだ事で熱が放散されずにこもってしまい、温度が上昇していきます。暑い夏に教室のゴミ箱で発火した例もありますから、画用液が付着したボロきれを捨てる時は、詰め込み過ぎない配慮が必要です。ポリ袋に水といっしょに捨てる方法が安全です。

クサカベ アトリエの洗剤 とは

クサカベ アトリエの洗剤は、油絵具・アクリル絵具・水彩絵具等を使用した後の片付け・お掃除専用の水性クリーナーです。例えば、筆・パレット・机等に付着した絵具から、洗面台等のお掃除に至るまで幅広くお使い頂けます。絵具で固まった筆も一晩付け置きすると綺麗に落とすことが出来る優れものです。また、水性クリーナーの為、洗浄後は水で洗い流すことで手早く掃除を終えることが出来ます。溶剤系クリーナー(ブラシクリーナー)のようなべたつきや引火性も無いので、安全で簡単に扱えます。アトリエの洗剤は3倍濃縮となっており、予め水で希釈してから使用します。1つで840ml分と沢山使えるので、とても経済的です。学校の美術部や絵画教室等でも人気なお掃除用品となっております。

クサカベについて

油絵具の老舗「クサカベ」は1928年(昭和3年)薬剤師だった日下部信一による「クサカベ油絵具製造所」の設立が礎となっています。後の1971年(昭和46年)「クサカベ油絵具製造所」の廃業にともない、クサカベの系統は「アサヒ絵具」「クサカベ油絵具」「ミノー油絵具」の3つに分流しますが、1996年(平成8年)3社が再び統合され「株式会社クサカベ」が誕生しました。現在は「アクリル絵具」と「油絵具」両方の特性を併せ持った「アキーラ」が新しい絵具として注目されています。アキーラの名前は、アクア・アルキド・テンペラから取られたことが由来です。世界初の精製アルキド樹脂絵具で、支持体の選択肢が広まり、より豊かな表現を可能にしました。テンペラ絵具のように、水性・油性を問わず描くことが出来るのが最大の特徴です。株式会社クサカベは絵具づくりを通じ、人々の生活を豊かにする芸術・文化の創造に深く関わりをもってきました。今後も社会との共生を鑑み、さらにグローバルな視点から「地球環境との調和」を考慮し、「環境負荷の少ないモノづくり」に専念し、社会の発展に貢献することを方針としています。
価格