ターナー色彩のアクリル絵具

  • 対象商品:10
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

アクリル絵具の特徴と欠点

アクリル絵具は1950年代に発明されて以来、長い歴史のある油絵具と共に今日の代表的な絵具の一つとなっています。アクリル絵具とは石油から合成されるアクリル樹脂を媒材として開発された絵具です。アクリル絵具の主な特徴として【水で溶く】【早く乾く】【ひび割れしない】などがあります。アクリル絵具は水で溶いてから描きますが、絵具が乾くと耐水性となります。また水で薄めていくと水彩絵具のような表現も可能です。またエアブラシなどにも用いられます。油絵具が酸素を吸収して結合するという化学的変化によって固化するのとは違い、アクリル絵具は水分が蒸発することで固化します。その為、絵具の乾燥に要する時間が少なく早く塗り重ねが出来るので、大きな画面を制作する場合やライブペイントなどに適しています。ただし乾燥が速く固着力が強いので、誤って意図しない所に付着させない様に注意が必要です。 アクリル絵具の媒材であるアクリル樹脂は可塑性のあるメディウムである為、柔軟性のある塗膜に富み、ひび割れがしにくい性質があります。厚塗りした画面であっても、キャンバスを木枠から外して巻いたり、折り曲げても、ひび割れることはありません。一方、アクリル絵具にも【絵具が痩せる】【色が沈む】【厳寒に弱い】などの欠点があります。上記にも記した通りアクリル絵具は水分を蒸発して乾くので、乾いた画面は描画している時より体積が減ってしまい痩せたように見えます。 この為、地塗りや下塗りの段階で厚みを作っておくなどの工夫が必要です。色が沈む原因としては、アクリル絵具は濡れている時の「濡れ色」と、乾いた後の「乾き色」に差があります。塗れている時には水分を含んで鮮やかに見えていた色でも、乾くと少し暗く沈んだ色合いになります。その差は色によって異なりますので、あらかじめそれぞれの色の変化を知っておく必要があります。またアクリル絵具は寒さに弱く4℃以下の低温になると造膜ができなくなり、接着力も弱くなるという性質があります。冬季には野外での使用は避けた方が良いでしょう。アトリエなどの室内でも、夜間になると暖房を消して4℃以下の低温になる環境では、使用する前に室温を20℃程度に温めてしばらく置いておくと元に戻ります。低温に弱いアクリル絵具は凍結すると変質する可能性がありますので、凍結を防ぐ為にアクリル絵具には凍結安定剤としてグリコールが混ぜられています。

ターナー色彩について

ターナー色彩株式会社は1946年(昭和21年)の創業以来、ポスターカラーやネオカラーをはじめ、アクリルガッシュ、ゴールデンアクリリックスやJカラーなど、多彩なラインナップを揃える絵具の総合メーカーとして様々な商品展開を行っています。芸術・創作活動やビジネスシーンやインテリアなどの多彩な分野を通じて、人の心や社会を豊かにし、明るい彩りを提供する企業を目指しています。シンボルマークは、約40年前、片山利弘氏の発想を基に「眼」をテーマに片山哲夫氏が制作したものです。絵画に携わるすべての人にとって、何より大切な「眼」をテーマにしています。新しい未来に向かって、ターナーは美しい色を追い求め、確かな眼と共に邁進します。
価格