ステッドラーのデザイン・製図・コミック用品類

ステッドラーのデザイン・製図・コミック用品類の商品一覧です。
世界堂では、カッター・ハサミ類やボンド・ペーパーセメント・スプレーのりテープ類・両面テープ・水張テープなどもご用意しております。

  • 対象商品:17
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

コミック用品について

当ショップのコミック制作用品は、初心者向けのセットからプロ御用達の商品まで多数ご用意しています。日本のコミック用品は世界からも注目を集めており、世界堂店舗では海外のお客様が購入される様子を目にする機会も増えました。昨今はフルデジタルで原稿制作に臨む作家も増えて参りましたが、アナログでしか描けない表現に拘る作家も未だ数多く健在しています。つけペンで描く線の強弱やインク溜り、繊細な線の重なりや点描画等はアナログ原稿ならではの表現です。また、インクやホワイトを飛ばして星空や飛沫を表現したり、筆を使用して掠れと勢いのある大胆な線が描けるのもアナログの特徴です。その為ペン入れまではアナログで行い、広範囲のベタやトーンのみデジタルで作業を行うという作家も増えています。デジタルでの制作は失敗を恐れることなく効率的に作業を進められることが一番の魅力です。しかし、完成されたツールを使用することで画面全体が単調になってしまい、他者との作風の違いを出しづらいといった一面があります。そのような場合は一度アナログに戻って描いてみるのも一つの方法です。本来の自分の作風や特徴を掴み直し、ツールに頼りすぎていた部分を把握することが出来ます。また、昨今はコミック業界の原画展が注目を集めており、こちらもアナログ原稿ならではの盛り上がりを見せています。制作に時間が掛かり技術を要するからこそ、貴重な作品となり、見に行く価値を感じさせるのではないでしょうか。

ステッドラーについて

ヨハン・セバスチャンが1835年に鉛筆製造工場を設立した事が、ステッドラー社の始まりとなりました。また、設立者のヨハン・セバスチャンの祖先であるフリードリッヒ・ステッドラーは、現存している「鉛筆製造者」の世界最古記録としてニュルンベルク市役所の資料にその名が残されています。ヨハン・セバスチャンは父であるパウルス・ステッドラーのワークショップにて 鉛筆の伝統的な製造方法の知識と経験を学びました。その知識と経験を活かし、ニュルンベルクの市の協議会の認可の後、近代化への流れと共に機械化された工場を市内に設立しました。その後、1840年前後には、63種類もの鉛筆を開発・製造し、 1856年からはスギ素材で作られた円形と六角形の鉛筆をそれぞれ48色ずつ開発しました。現在のトレードマークであるマルスヘッドは、1900年に登録されマルスブルーとともにブランドイメージとして認識されるようになりました。

世界堂はステッドラーのデザイン・製図・コミック用品類など豊富に取りそろえる通販サイトです。カッター・ハサミ類やボンド・ペーパーセメント・スプレーのりテープ類・両面テープ・水張テープなどの商品も取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格