ソフケンの額縁

  • 対象商品:4
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

額縁とは

額縁とは、何か。額縁と聞いてどのようなものを想像するでしょうか。装飾豊かできらびやかな額縁。あるいは単純に絵画作品を縁どるシンプルな枠。いくつか思い浮かぶことと思います。額縁には、収める作品の媒体、目的によっていくつかの種類があります。それらは「油彩本縁」「仮縁」「デッサン額」「ポスターフレーム」と呼称され、形状・作り・目的・用途が異なります。西洋絵画が建築絵画と切り離され、独立した絵画として描かれるようになったルネサンス期以降、額縁もまた誕生しました。それは、絵画に芸術としての独立性を持たせ、また、装飾するものとして、あるいは絵画作品の世界をより豊かに表現するパートナーとして、芸術絵画と共に歴史を歩み、今日普及する一般的な額縁が確立するに至りました。その過程において、アーティストや職人が、額縁自体にも一層の芸術性や絵画との親和性を追求・探究・研究することによって、発展を遂げてきました。そのため、現在では額縁それ自体がアンティークや空間の装飾品として用いられることも珍しくはありません。また、額縁は絵画作品の保護・保存の役割も担っています。劣化や不意の事故から作品を守るためには額縁は欠かせません。私たちが時代や場所を超えて様々な芸術絵画作品を目の当たりにできるのは、それらに関わる多くの人たちの妥協の無い、たゆまぬ努力と額縁の役割によるものです。そうして現在、芸術絵画と額縁は、切っても切り離せない関係となりました。月見に団子、名画に額縁。額縁とは、私たちと作品世界をつなぐ扉であり、ナビゲーターです。そして、時代や場所を超えて芸術絵画作品を目の当たりにできるという点において、額縁とは、タイムマシーンでもあります。過去と現在、現在と未来、そして過去と未来は、額縁というただ一点でのみ繋がり、時間や場所を超越して、私たちを芸術絵画の世界へと導いてくれるのです。そんな特別な時間旅行に、ぜひ、世界堂の額縁を御供させてくださいませ。

ソフケンについて

株式会社ソフケンは、暮らしに役立つモノづくりを行う会社です。「これは便利だ」「これはありがたい」「これは手放せない」と永く多くの人々に愛されるような商品づくりを目指し、商品の開発・製造を行っています。ソフケンは自ら開発した特許技術を生かし、特色のあるモノづくりを続けています。ロングセラー商品である「ラクパネ」は、A0、B0の大判サイズにも対応した汎用性の高い前開き式ポスターフレームです。ポスターの入れ替えがとても簡単で、世界12カ国で特許を取得しています。また、アルミ素材のフレームと樹脂製パーツを組み合わせ、十分な強度を確保しつつ、軽量化をとことん追求しています。B1サイズ以上のフレームには背面に補強フレームを取り付け、安全性や耐久性も十分に図っています。
価格