ホルベインの紙類・スケッチブック類

  • 対象商品:28
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

紙の選び方について

画材によってもご選択頂く用紙は異なりますが、いわゆる「画用紙が欲しい」といった場合には〈サンフラワーM画/A画〉〈シリウス〉などをご紹介してます。どちらの用紙も癖がなく、また安価ということもあり使い勝手がよい商品となっております。次は使用する画材が具体的に決まっている場合についてご紹介致します。まず、水彩画には綺麗なにじみやぼかしが表現できる水彩紙と呼ばれる用紙がおすすめです。水彩紙は各メーカーでたくさんの商品が発売されており、当オンラインショップでも「水彩紙」と検索して頂くと非常に多くの商品がヒットします。まずは人気商品の〈アルシュ〉〈ワトソン/ホワイトワトソン〉〈ウォーターフォード〉などからお試し頂いてみては如何でしょうか。次にアクリル画の場合ですが、アクリル絵具は定着力が強いこともあり、あらゆる用紙に描画が可能です。平面構成などデザイン画には〈KMKケント〉などの表面の凹凸が少ないケント紙と呼ばれる用紙がおすすめです。アクリル絵具を使い、水彩技法で描かれたい場合には近年発売された〈アクリルデネブ〉がおすすめです。アクリルデネブは速乾性のあるアクリル絵具に対し、保水性を高め絵具の表面にとどまりグラデーション・にじみ・ぼかし等の表現しやすくなっているのが特徴です。最後にソフトパステル画についてです。ソフトパステルは定着力が低いため、表面がつるつるした紙ですが難しい場合があるため、凹凸のある紙がおすすめです。中でも〈キャンソン ミ・タント〉がパステル画向けとして世界的にも有名です。パステル画は紙の色を選ぶのも楽しみのひとつですが、キャンソン ミ・タント紙は豊富な色数があるのできっとお好みのお色がみつかるはずです。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格