SAKAEテクニカルペーパーのトレーシングペーパー・パック紙の通販

  • 対象商品:11
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

紙の裏表の見分け方について

スケッチブックの場合は表紙の次のページが表面となっており、わかりやすい仕様となっておりますが、バラ売りやパック紙の場合は表裏が悩まれることがあると思われます。水彩紙の場合、一般的に高級洋紙などの端には「ウォーターマーク」と呼ばれる透かし文字が入っています。光に当てて透かしてみると紙の名称などの文字が読めます。主に英語などで商品名が記載されておりますので、正常に読める方が表面で、文字が反転して読めない方が裏面となります。ウォーターマークが入っていない場合の見分け方としては、水彩紙や画用紙の場合は毛布目によって紙の表面の凹凸を作るので、一般的に凹凸がしっかり見える方が表面となります。また、裏面については、抄紙機(紙を抄くための機械)の構造上、紙の原料が網の上に乗ってくるので、紙の裏面にかすかに網目が残り、網目が見える方が裏面ということになります。

キャンソン・ミ・タント 色画用紙 について

キャンソン・ミ・タント紙はフランス製の高級色画用紙です。紙には50%のコットンが配合されており、あらゆる画材と相性の良い紙として広く知られています。特徴的な紙の目を生かせるパステルや色鉛筆はもちろん、水彩絵具やカラーインクの発色も美しく出せる画用紙です。インクジェットプリンタやレーザープリンタへの使用も可能なので、ちょっとオシャレな印刷用紙としても活用できます。また、色数も豊富なので、切り貼りするなどのペーパークラフトにもおすすめです。その他、色の濃い紙は最近流行りのキラキラ系絵具・パール系絵具を使われる方に大変お勧めです。絵具によっては黒い紙に描くことでより発色が濃く、さらに輝いてみえるものがあります。

SAKAEテクニカルペーパーについて

SAKAEテクニカルペーパー株式会社は1940年(昭和15年)に井上有価証券紙株式会社として創設し、1947年(昭和22年)に社名を栄紙業に変更。2012年(平成24年)「十千万」(トチマン)の会社清算に伴い、「十千万」ブランドとその事業を承継しました。また、2016年(平成28年)にSAKAEテクニカルペーパーを設立して、栄紙業東京支店の事業を承継しました。特殊紙を中心に和洋紙の製造販売、Tochimanブランドのグラフ用紙・設計製図用紙、プリンタ・OA用紙等及び文具・紙商品の取り扱いを行っています。
価格