ホルベインのペインティングナイフ類

  • 対象商品:8
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

ペインティングナイフの種類について

ペインティングナイフには色々な形がありますが、画家の要望に合わせて種類が増えていきました。初心者の方は最初から種類を揃える必要はありません。まずは、オーソドックスな形のものに慣れるようにしましょう。また使いこなしてくると、色々と要望や不満が出てくる為、別な形をしたナイフを使ってみると良いかもしれません。使い慣れてくると、刃の形を見て使い勝手がイメージできるようになります。おもしろい形のナイフだなと思って使ってみたら、思わぬ効果が得られたということもありますし、使い込んでいるうちに変形して、それがかえって使いやすいということもあります。主な形状として菱型や丸型、先の尖ったものなど多種多様な刃の形があります。刃の長さも約2~10cmとメーカー・種類によって異なります。また刃の厚さや硬さも色々あり、材質も鋼鉄やステンレス、プラスチックなどがあります。使いやすいペインティングナイフはナイフを押しても刃先が反らずに綺麗に湾曲して画面に密着しているものです。ペインティングナイフを使う上での注意点としては、複数の色を絵具で描く場合、混色を防ぐ為に刃に付着した絵具を布で拭き取ってから使いましょう。また金属製の刃は錆などが発生する為、使用後はしっかりと綺麗にしてください。ペインティングナイフは、使い込むと刃先が摩擦で削れて鋭くなります。鋭くなった刃先は怪我やキャンバスを傷める原因になりますので、砥石などで角を取る事をおすすめします。価格帯は材質・メーカーにてよって異なりますが、高ければ使いやすいという事ではないので、自分に合ったペインティングナイフを選びましょう。

ホルベイン プリンストン カタリストシリーズとは

ペインティングナイフとは、主に油彩画で使用される金属製の小さなコテです。パレットやキャンバスの上で絵具を混色したり、メディウムを練るのは勿論、その形状を上手く扱って「描く」ことも出来る大変便利な道具です。そんなペインティングナイフの中でも、一風変わった「ホルベイン プリンストン カタリスト」シリーズはご存知でしょうか。このカタリストシリーズは、耐熱性があり且つ溶剤にも強いシリコン製ブレードを採用した新しいペインティングナイフです。そのバラエティに富んだ形状は正に革新的と言えます。また、油絵以外の用途でも使用することが可能です。アクリルや水彩は勿論、石膏や粘土のモデリング、ケーキ作りや陶器制作など様々な分野で広く活用できます。シリコン製だと手入れも簡単なのが嬉しいポイント。従来のペインティングナイフとは一味違った「プリンストン カタリストシリーズ」をこの機会に是非一度、お試し下さい。【■コンツアー】人間工学に基づき開発された、握りやすいグリップ形状式。シリーズ内でも比較的硬質の為、画面に描写した時のテクスチャーが大胆につきます。【■シリコン ウェッジ】特徴的な形状から、テクスチャー造りに大変便利です。6種類の形状があり、細かい面と幅広い面どちらにも使いやすいのが特徴です。【■シリコンブレード/ミニブレード】一番ナイフらしいタイプで、木製の持ち手が付きます。広い面に塗りやすく、ヘラの様に扱うことが出来ます。

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格