ホルベインのイーゼル・キャビネット

ホルベインのイーゼル・キャビネットの商品一覧です。
世界堂では、制作用品・用具などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:5
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

イーゼルについて

キャンバスなどを固定する為に用いられるイーゼルは「画架」とも訳されます。またイーゼルの由来は古高ドイツ語でロバの同義語でした。古代エジプトの時代には既にイーゼルが使われていたことが知られおり、1世紀には、ガイウス・プリニウス・セクンドゥスがイーゼルに載せた大きなパネルに言及しています。イーゼルの最も多い用途としては、画家が描く際にキャンバスや大きなスケッチブックを固定したり、完成した絵画を展覧会で展示する事です。イーゼルの一番シンプルな形は、3つの垂直な柱が端で結合している「三脚」型です。中央の柱が他の2本から旋回して離れられる機構があり、三脚を形成しています。旋回しない2つの柱にはキャンバスを載せる水平方向の横材が据えられており、こうしたものは黒板や映写面やプラカードなどの設置にも適しています。また床の上に直接立てる大型イーゼルや机の上に載せて使うような小型イーゼルもあります。材質は木材・アルミニウム・鋼などで出来ていることが多いです。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。

世界堂はホルベインのイーゼル・キャビネットをご用意している通販サイトです。制作用品・用具などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格