三菱鉛筆の色鉛筆・水彩色鉛筆・パステル色鉛筆

  • 対象商品:5
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

色鉛筆の水性と油性の違い

色鉛筆には水性と油性の2種類があります。水性は水に溶ける為、描いた後に水を付けると水彩画のような表現が可能です。一方、油性は水に溶ける事が無い鉛筆です。一般的な色鉛筆は油性となります。また鉛筆とは製造方法が異なり炉で焼く事がないので、色鉛筆の芯は鉛筆と比べて軟らかいのが特徴です。

なぜ色鉛筆の軸は丸い?

黒色鉛筆の場合、鉛筆の軸は六角形や三角形などが主流です。しかし色鉛筆の場合、大半が丸軸になっている事にお気づきでしょうか?上記でも述べましたが、色鉛筆の芯は黒色鉛筆より軟らかく強度が弱くなっています。また軸が六角形や三角形だと芯から軸(手が触れるところ)までの幅が均一でなくなり、また幅が狭い箇所ほど力が掛かりやすく折れやすくなります。これを改善する為に、軸を丸軸にする事で芯から軸までの幅を均等にし、力の分散を図っているのです。しかし、現在では技術の発展により、一部の色鉛筆では六角形や三角形などの軸も販売されています。

紙以外にも描ける特殊色鉛筆[ダーマトグラフ]

通常、色鉛筆は紙などに描く筆記具であり、ガラスや金属には描く事ができません。しかし、三菱鉛筆[ダーマトグラフ]なら紙はもちろんのこと、ガラス・金属・プラスチック・フィルムなどにも自由に描ける特殊芯を採用しています。油性と水性があり、水性は水で消すことができるタイプです。また、この色鉛筆は木軸ではなく紙巻の軸になっているのも特徴です。発売当初は木軸で挟んでいましたが、ワックスが多く温度変化によって収縮したり、膨張したりして芯が抜け落ちてしまいました。普通の鉛筆の芯は、接着剤で木軸に付けていますが、ダーマトグラフの芯は油分(ワックス)が多く、接着剤が効きません。その為、伸び縮みに耐える紙で巻いています。軸の横にミシン目と糸がついた特殊な紙を使い、芯に巻きつけています。

三菱鉛筆について

三菱鉛筆株式会社の礎となった「眞崎鉛筆製造所」は創業者眞崎仁六により、明治20年(1887年)に内藤新宿(現:新宿区内藤町)にて創業されました。明治11年(1878年)にパリで行われた万博で初めて鉛筆を見た眞崎仁六は、その感動を元に様々な研究と努力を重ね、日本初の鉛筆工業生産に成功しました。その後も数々の失敗を重ね、試行錯誤を繰り返しながら、明治34年(1901年)に、「逓信省(現:総務省)御用品」として採用されたのが『局用鉛筆』です。このときの感動を後世に残すべく、眞崎仁六は、記念の商標を登録するに至りました。『局用鉛筆』には一号、二号、三号という3種の硬度があり、これに合わせて眞崎家の家紋である「三鱗(みつうろこ)」を図案化し、“三菱”というマークを考案しました。この“三菱”マークと「三菱」という商標は、明治36年(1903年)に商標登録され、三菱財閥の商標登録に先立つこと10年になります。“三菱”マークは、創業者の誇りや伝統とともに、現在に受け継がれています。創業以来、三菱鉛筆は「最高の品質こそ 最大のサービス」を社是として、常に品質向上と技術革新に努め、世界の筆記具市場をリードするメーカーとしての地位を築いてきました。60年以上のロングセラー商品『ユニ』などに代表される最高レベルの鉛筆、世界で圧倒的なシェアを持つ水性ボールペン『ユニボール』、幅広い年齢層、様々な用途に使用されているサインペンの定番『ポスカ』、なめらかな書き味の油性ボールペン『ジェットストリーム』、常に細く濃く書けるシャープペン『クルトガ』、世界で初めて工業用ダイヤモンドを配合したシャープ替芯『ユニ ナノダイヤ』、多様化したお客様のニーズに対応できる選べる筆記具『スタイルフィット』等々、技術の蓄積の中から生み出された数々の商品が、国内のみにとどまらず広く海外においても愛用され、支持され続けています。
価格