ホルベインの色鉛筆・水彩色鉛筆・パステル色鉛筆

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

色鉛筆の水性と油性の違い

色鉛筆には水性と油性の2種類があります。水性は水に溶ける為、描いた後に水を付けると水彩画のような表現が可能です。一方、油性は水に溶ける事が無い鉛筆です。一般的な色鉛筆は油性となります。また鉛筆とは製造方法が異なり炉で焼く事がないので、色鉛筆の芯は鉛筆と比べて軟らかいのが特徴です。

なぜ色鉛筆の軸は丸い?

黒色鉛筆の場合、鉛筆の軸は六角形や三角形などが主流です。しかし色鉛筆の場合、大半が丸軸になっている事にお気づきでしょうか?上記でも述べましたが、色鉛筆の芯は黒色鉛筆より軟らかく強度が弱くなっています。また軸が六角形や三角形だと芯から軸(手が触れるところ)までの幅が均一でなくなり、また幅が狭い箇所ほど力が掛かりやすく折れやすくなります。これを改善する為に、軸を丸軸にする事で芯から軸までの幅を均等にし、力の分散を図っているのです。しかし、現在では技術の発展により、一部の色鉛筆では六角形や三角形などの軸も販売されています。

紙以外にも描ける特殊色鉛筆[ダーマトグラフ]

通常、色鉛筆は紙などに描く筆記具であり、ガラスや金属には描く事ができません。しかし、三菱鉛筆[ダーマトグラフ]なら紙はもちろんのこと、ガラス・金属・プラスチック・フィルムなどにも自由に描ける特殊芯を採用しています。油性と水性があり、水性は水で消すことができるタイプです。また、この色鉛筆は木軸ではなく紙巻の軸になっているのも特徴です。発売当初は木軸で挟んでいましたが、ワックスが多く温度変化によって収縮したり、膨張したりして芯が抜け落ちてしまいました。普通の鉛筆の芯は、接着剤で木軸に付けていますが、ダーマトグラフの芯は油分(ワックス)が多く、接着剤が効きません。その為、伸び縮みに耐える紙で巻いています。軸の横にミシン目と糸がついた特殊な紙を使い、芯に巻きつけています。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格