ホルベインの張りキャンバス・キャンバスボード

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

キャンバスの保存に適した気温(室温)・湿度について

キャンバスが置かれる環境として理想的なのは気温(室温)17℃~25℃、湿度44%~55%です。美術館はこの範囲内で作品の保管と展示を行うよう常に心がけています。名画が今なお残り続けているのはこの徹底した管理によるところが大きいのです。従ってアトリエや倉庫などをこの範囲に近づけることが目標となります。これを見誤ってしまうとキャンバスに膨張、収縮が発生しシワがよったり逆に画布が強く張られ過ぎて木枠が歪みます。では具体的に湿度を調整していく方法をご紹介します。[1]湿度計を購入する(アトリエなどの大きさによっては複数購入する場合もあります)[2]製作や保管はなるべく締め切った空間で行う(外の空気が入ることで温度/湿度はすぐに変化します)[3]温度や湿度が変わってきたら空調や加湿器/除湿機、照明や換気などで調節を行う。加湿器などはなければ霧吹きや電気ポットなどで代用しても構いません。要するに調整さえ出来れば良いのです。大切なことは常に温度/湿度を確認し、対処するクセをつけると言うことです。描きっぱなし置きっぱなしが一番の敵です。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格