ホルベインの水彩絵具

  • 対象商品:14
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

水彩絵具の組成と種類

水彩絵具は顔料を水溶性樹脂で練り合わせて作ります。水溶性樹脂とは、アラビアガムやデキストリンなどが使用され、顔料の粒子を紙等の画面に接着させる役割があります。またチューブや容器の中で絵具が安定した状態に保たせる補助剤として、適度な湿り気を保たせるための湿潤剤や、カビが生えないようにする防腐剤なども添加されています。水彩絵具の種類として[チューブ入り]または[固形]水彩絵具があります。チューブ入りは絵具を液状のままチューブ容器に充填したものであり、固形絵具は絵具を容器に入れて固めたものです。また固形絵具には半乾きの状態で固形にしているパンカラーと、絵具を乾燥させて粉状にしてからプレスして固めたケーキカラーの2種類があります。パンカラーは透明水彩絵具を固形にしたものであり、絵具が小さな四角い容器に入っているので、その形状から「キャラメルカラー」とも呼ばれることがあります。サイズは3種類あり、一番大きい[ホールパン(上辺が30mm×12mm)]、その半分の[ハーフパン(15mm×12mm)]、さらに小さな[クォーターパン(11mm×11mm)]があります。ただし、クォーターパン日本ではあまり流通していません。(※大きさはメーカーによって多少の違いがあります。)一方、ケーキカラーには透明水彩絵具を固形にしたものと、不透明水彩絵具を固形にしたものがあります。ケーキカラーの容器の形状には、四角いものと丸いものがあります。大きな作品を描く時や、広い面を塗る場合には多めに絵具を溶いておく必要があるのでチューブ入り絵具が便利です。また、小さな作品を描くときや野外スケッチなどに出かける際の携帯用としてはコンパクトな固形絵具の方が場所を取らずに描けます。

ターナー 透明水彩絵具 海外色について

ターナー色彩から発売されている透明水彩絵具は、日本国内版では全54色の色数です。しかし、海外では倍以上の豊富なカラーバリエーションで展開されていることをご存知でしょうか。当ショップでは何とその海外色である全148色をお取扱いしています。海外色では国内版には無い真珠のような光沢感のあるパールカラーや、キラキラしたインターフェアレンスカラーなど、実に多彩なカラーラインナップが出揃います。また、愛用者から根強い人気のある「マヤシリーズ」もラインナップに含まれます。マヤシリーズとは、古代マヤ文明のロマンを受け継ぐことをコンセプトに掲げた奥深い色合いの全7色のシリーズです。マヤ文明に由来する色味と古来の技術をベースに再現した、伝統的な魅力のある絵具です。中でもマヤブルーはその独特な青色の美しさから人気が高く、愛用者が多い色の一つとして知られています。

ラウニー 水彩絵具について

ダーラー・ラウニー社の水彩絵具は極上の顔料を使い、厳密な調合と製造工程によって出来上がる最上級の水彩絵具です。200年に及ぶ絵具製造経験から生まれたその発色の良さと品質は世界中のプロからアマチュアまで虜にしてきました。単色全80色展開となっており、単色使いは勿論混色も綺麗に仕上がります。また水彩紙の地の色にも左右されず、英国のプライドが発色の良さを裏切りません。是非一度英国最高級の水彩絵具を試してみてはいかがでしょうか…?

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在は、国内最大手の絵具・画材販売製造メーカーとなっています。

油絵具「ヴェルネ」の歴史

日本で最初に洋画用絵具をつくったのは東京の花廼家(はなのや)です。そこから独立した二代目によるブランド、桜木絵具を販売していたのがホルベインの前身、吉村商店でした。桜木油絵具の品質や製造量に不満を感じていた吉村商店の清原定謙は、みずから本格油絵具の開発を決意しました。清原は技術指導者を招き入れて桜木油絵具を改良し、ついにより高品質な製品を完成させました。これこそ、ホルベインブランドの油絵具第一号ホルベイン「ヴェルネ」油絵具でした。しかし昭和16年(1941年)清原は召集礼状により大陸へ招集され、さらに昭和19年(1944年)東京の製造工場が焼失します。ホルベイン油絵具の歴史はここで一度、完全に途切れることとなりました。その後復員した清原が、新工場で油絵具の製造を再開しましたが、「ヴェルネ」の名前が再び使われることは有りませんでした。
時は移り平成22年(2010年)、ホルベインは油絵具の原点を、もう一度見直してみようと思い立ちます。有色顔料と乾性油だけのもっともシンプルな処方の絵具がもっとも色鮮やかで美しいことはわかっています。しかしそれだけでは流通に耐える安定した製品にはなりません。粘り強く研究を続けた膨大なデータと永年蓄積された製造ノウハウのすべてが注ぎ込まれました。緻密な処方の設計と最新鋭の生産機の導入により、高い性能と安定性を両立させ、顔料のかつてない高分散により、驚くべき滑らかさ、色の濃度、透明度が実現しました。まさしく油絵具のそしてホルベインの原点、60 年以上の時を経て一旦忘れられた「ヴェルネ」の名前は、600 年以上続く油彩画の歴史に新時代をもたらすべく、こうして復活を遂げる事となりました。
価格