サクラクレパスの水彩絵具

サクラクレパスの水彩絵具の商品一覧です。
世界堂では、絵具・インク・メディウム類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

水彩絵具の組成と種類

水彩絵具は顔料を水溶性樹脂で練り合わせて作ります。水溶性樹脂とは、アラビアガムやデキストリンなどが使用され、顔料の粒子を紙等の画面に接着させる役割があります。また、
チューブや容器の中で絵具が安定した状態に保たせる補助剤として、適度な湿り気を保たせるための湿潤剤や、カビが生えないようにする防腐剤なども添加されています。水彩絵具の種類として[チューブ入り]または[固形]水彩絵具があります。チューブ入りは絵具を液状のままチューブ容器に充填したものであり、固形絵具は絵具を容器に入れて固めたものです。また固形絵具には半乾きの状態で固形にしているパンカラーと、絵具を乾燥させて粉状にしてからプレスして固めたケーキカラーの2種類があります。パンカラーは透明水彩絵具を固形にしたものであり、絵具が小さな四角い容器に入っているので、その形状から「キャラメルカラー」とも呼ばれることがあります。サイズは3種類あり、一番大きい[ホールパン(上辺が30mm×12mm)]、その半分の[ハーフパン(15mm×12mm)]、さらに小さな[クォーターパン(11mm×11mm)]があります。ただし、クォーターパン日本ではあまり流通していません。(※大きさはメーカーによって多少の違いがあります。)一方、ケーキカラーには透明水彩絵具を固形にしたものと、不透明水彩絵具を固形にしたものがあります。ケーキカラーの容器の形状には、四角いものと丸いものがあります。大きな作品を描く時や、広い面を塗る場合には多めに絵具を溶いておく必要があるのでチューブ入り絵具が便利です。また、小さな作品を描くときや野外スケッチなどに出かける際の携帯用としてはコンパクトな固形絵具の方が場所を取らずに描けます。

サクラクレパスについて

明るい光と美しい色彩に満ちた自然の風物を、感じたままに絵に表現できるような描画材料はないものか。大正10年創業のサクラクレパスは研究に邁進し、ついに大正14年に画期的な描画材料の開発に成功しました。 当時の図画教育に対しての改革を強く訴え、「自由画運動」を提唱されていた山本鼎(かなえ)画伯は、何とかして子供たちのために、安価で鮮やかな発色をもった描画材料ができないものかと、その開発の必要性を熱く語りました。サクラクレパスはその山本鼎画伯のひたむきな姿勢と、「自由画運動」の思想に心を打たれ、総力をあげて新しい描画材料の開発に取り組みました。その結果、クレヨンの使いやすさとパステルの美しい発色を兼ね備えた画期的な描画材料である「クレパス」が誕生しました。また近年では、総合文具メーカーとして、最先端のオフィス機器・用具から一般的な事務用品にいたるまで、多種多彩な商品を製造・販売する企業になりました。開発される商品には「こころ」のある「色」という姿勢を一貫しており、教育・文化に貢献することを社是に掲げ、教育現場に適した材料を提供し続けています。

世界堂はサクラクレパスの水彩絵具をご用意している通販サイトです。絵具・インク・メディウム類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格