大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

紙の選び方について

画材によってもご選択頂く用紙は異なりますが、いわゆる「画用紙が欲しい」といったご要望の場合には〈サンフラワーM画/A画〉〈シリウス〉などをご紹介しています。どちらの用紙も癖がなく、また安価ということもあり使い勝手がよい商品となっております。次は使用する画材が具体的に決まっている場合についてご紹介致します。まず、水彩画には綺麗なにじみやぼかしが表現できる水彩紙と呼ばれる用紙がおすすめです。水彩紙は各メーカーでたくさんの商品が発売されており、当オンラインショップでも「水彩紙」と検索して頂くと非常に多くの商品がヒットします。まずは人気商品の〈アルシュ〉〈ワトソン/ホワイトワトソン〉〈ウォーターフォード〉などからお試し頂いてみては如何でしょうか。次にアクリル画の場合ですが、アクリル絵具は定着力が強いこともあり、あらゆる用紙に描画が可能です。平面構成などデザイン画には〈KMKケント〉などの表面の凹凸が少ないケント紙と呼ばれる用紙がおすすめです。アクリル絵具を使い、水彩技法で描かれたい場合には近年発売された〈アクリルデネブ〉がおすすめです。アクリルデネブは速乾性のあるアクリル絵具に対し、保水性を高め絵具の表面にとどまりグラデーション・にじみ・ぼかし等の表現しやすくなっているのが特徴です。最後にソフトパステル画についてです。ソフトパステルは定着力が低く、表面がつるつるした紙への描が難しいため、凹凸のある紙がおすすめです。中でも〈キャンソン ミ・タント〉がパステル画向けとして世界的にも有名です。パステル画は紙の色を選ぶのも楽しみのひとつですが、キャンソン ミ・タント紙は豊富な色数があるのできっとお好みのお色がみつかるはずです。

水彩初心者さんにおすすめの紙

水彩画の制作において、紙選びは筆選び以上に重要視されます。水彩紙は実に沢山の種類があり、目の粗さ・絵具の発色・使い心地等が各々異なります。選んだ紙によって作品の印象が決まると言っても過言ではありません。その為、初心者の方はどれを選ぶべきか迷ってしまう事でしょう。自分に合った紙を見つけるには実際に色々試してみる他にありませんが、初めて水彩画を描く方へおすすめしたいのは「ホルベイン ウォーターフォード ホワイト ブロック 中目」です。紙質の癖が少なく扱いやすい仕様で、初心者からプロまで広く愛用されています。サイズはF6程度から始めると後々大きい作品にもチャレンジしやすくなります。また、ブロックタイプの水彩紙は糊綴じ加工がされており、波うちがしにくい仕様です。水張りをせずとも、そのまま描き始める事が出来ます。

キャンソンについて

キャンソン(Canson)は1557 年にアンベールの製紙業者 ジャック・モンゴルフィエ(Jacques Montgolfier)が故郷のオーヴェルニュ地方を後にしてボージョレに居を構えたのが始まりです。のちの1692年モンゴルフィエの一族、ミッシェルとレイモン・モンゴルフィエが、ヴィダロンに 進出しましたが、そこではオーヴェルニュ出身の製紙業者シェル(Chelles)家が代々製紙 の糊付けの仕事を行っていました。モンゴルフィエの二人の息子は、その地の主ともいえ るシェ家の二人の娘フランソワーズとマルグリットに恋をして、二週間後に結婚に至り、 こうしてモンゴルフィエ家がヴィヴァレ地方に根を下ろしたのです。これが当家系の発展の始まりで、その後数世紀に及んで 、数多くの製紙工場が作られました。
時は下り1801年、モンゴルフィエ家の当主エティエンヌ・ド・モンゴルフィエが亡くなって2 年後、娘婿のバルテレミー・バルー ・ド・ラ・ロンバルディエール・ド・キャンソンが後を継ぎました。このようにして、将来紙の愛好家や芸術家たちに親しまれる名前として「Canson」が、歴史に登場したのでした。Canson は、モンゴルフィエ一家からの革新の伝統を継承しました。極秘裏に発明された のが、透写紙です。透明なこの紙により、建築家は何度も何度も同じ図面を描く必要がな くなったのです。そして次に挑んだのはパルプの着色により、均一で色素の固定化された カラーペーパーでした。1865年、 Canson® はアルブミン処理で印刷工程を大幅に短縮すると同時に、他の方法よりもコストを抑えた写真用紙の改良で特許を取得しました。この用紙により、塩化物を用いた金やプラチナの角面加工が可能になりました。
モンゴルフィエ家によって創設され、フラン スの歴史と芸術の歴史に密接に関わってきたキャンソンは、現在でも豊かな歴史を誇り、伝統の継承と厳しい基準を守ることによって、消費者に対して常に最高級の紙を提供しています。モンゴルフィエ家はその昔製糸業を営んでいました。 アルデッシュ地方のヴィダロンで、18世紀から絶え間なく発案を続け、仕事の熟練・完璧な技術を目指してきました。その結果熱気球が生まれ、デッサン用紙を入れる紙のポシェット(袋)が考案されました。 この発明一家はその歴史を通じて次々に新しい技術を生み出し、その名は高品質と同義語に捉えられるほど成長しました。
価格