ミューズのトレーシングペーパー・パック紙

ミューズのトレーシングペーパー・パック紙の商品一覧です。
世界堂では、紙類・スケッチブック類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

紙の裏表の見分け方について

スケッチブックの場合は表紙の次のページが表面となっており、わかりやすい仕様となっておりますが、バラ売りやパック紙の場合は表裏が悩まれることがあると思われます。水彩紙の場合は、一般的に高級洋紙などの端に「ウォーターマーク」と呼ばれる透かし文字が入っています。光に当てて透かしてみると紙の名称などの文字が読めます。主に英語などで商品名が記載されておりますので、正常に読める方が表面で、文字が反転して読めない方が裏面となります。ウォーターマークが入っていない場合の見分け方としては、水彩紙や画用紙の場合は毛布目によって紙の表面の凹凸を作るので、一般的に凹凸がしっかり見える方が表面となることになります。また、裏面については、抄紙機(紙を抄くための機械)の構造上、紙の原料が網の上に乗ってくるので、紙の裏面にかすかに網目が残りますので、網目が見える方が裏面ということになります。

ミューズについて

昭和35年、安倍川工業株式会社が製造していたミューズコットンなどのカラーペーパーを販売する子会社として、株式会社東京ミューズ巧芸者が創立しました。独立後は画材店・学校などに用紙を販売し、お客様の要望に応える形で画用紙・水彩紙・スケッチブックなど、ラインナップを拡大していきました。水彩紙の分野では日本随一であり、ミューズが開発した国産で初めての水彩紙「ワトソン」は、現在も国内水彩紙のトップセールスを誇ります。また、多くのアーティストが待ち望んだ「国産初のコットン100%水彩紙」として「ランプライト」を開発しました。イラストボードを日本で初めて生産したのもミューズです。ボード芯の素材に牛乳瓶のフタから着想を得るなど、柔軟な視点と閃きから開発されました。その他にも、スケッチブックから用紙を切り離す際に切断面がガタガタしない形状の「スキップアーチ」を開発し、後に特許を取得。独創的な製品の開発を行い続けています。ミューズは画才用紙のトップサプライヤーとして、「紙の世界からクリエイティブな活動に寄り添い、パートナーとして支える」という姿勢の元、世界に通用する製品を開発・販売していくことを掲げています。

世界堂はミューズのトレーシングペーパー・パック紙をご用意している通販サイトです。紙類・スケッチブック類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格