ホルベインの油彩筆(中・軟毛)

  • 対象商品:9
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

穂先の形と用途について

ここでは穂先の形と用途について紹介します。穂先の形によって描ける線や面が異なりますので、用途によって使い分けをしましょう。【フラット(平筆)】平筆の基本型で面塗りや線描に便利です。平らな面は塗り込み、エッジを利用して線描にも使用できます。【ブライト(平筆)】広い部分の塗りつぶしに適しています。穂丈が短いので力強いタッチを出しやすく、ゴツゴツした質感などを表現しやすい筆です。【フィルバート(平筆)】フラット型を使い込んだ形に最初から作ってあります。面塗りや描き込みに便利な筆です。【ショートフィルバート(平筆)】フィルバートの極薄短穂型。絵具離れが良く、柔らかいタッチを活かした描きこみができます。【ロングフィルバート(平筆)】フィルバートのロング型。先薄で絵具の上に絵具を重ねる描き方が出来ます。【ワイド(平筆)】幅広タイプのブラシの為、下塗りや大作用に適しています。【ダガー(平筆)】穂先がナイフのように丸みを帯びてカットされた筆です。穂丈が長いので、長いストロークでリズミカルな線が描けます【アングル(平筆)】斜めの穂先形状としなやかさで細かい線から曲線の色塗りまで自由に活用できます。また直線の多い描画に適しています。フラットな面で描画、エッジを利用して線引きをします。【ファン(平筆)】画面のぼかしや画用液だけをつけてグラッシュ画法に使います。【ラウンド(丸筆)】穂先の形状に方向性が無いので、いきいきとした描画ができます。線描、細部を描くのもストロークの強弱で太い線も細い線も表現できます。【スクリプト(丸筆)】穂先が長いので絵具の含みが良く、曲線の長い距離を描けます。仕上げサイン筆にも最適です。【ライナー(丸筆)】サインや細密画などデリケートな表現に適しています。【スポッター(丸筆)】細かな作業に適した、穂先が短く細い丸筆です。小さなストロークや細部の塗り込みに使用します。【コーム(くし型)】穂先がくしのように独特な形状をした画筆です。細かく平行な線をたくさん描くような表現に最適です。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格