ターレンスの油彩・アクリル筆(ナイロン毛・混毛)

  • 対象商品:3
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

絵具の種類別による画筆のお手入れ方法

画筆は絵を描く時に欠かせない道具です。しかも画筆は私たちの想像以上にデリケート。使用後などに適切なメンテナンスを行って、いつも快適に使えるように保つことが大切です。では、どんなことをすれば良いか?画筆のメンテナンスについてご紹介します。画筆のメンテナンスの基本は[使った後はすぐに洗い][洗った筆はよく乾かす]ということです。また、使う絵具に合わせた方法を工夫することも肝心です。【油絵具の場合】まずは、穂先についた絵具を紙や布でよく拭き取り、油絵用のクリーナーで振り洗います。しかし、クリーナーで顔料は落ちても、乾性油などが残っています。そこで、穂先のクリーナーをよく拭き取ってから、石鹸とぬるま湯で洗います。石鹸を十分に洗い流し、布などで水分を拭き取りながら形を整えてよく乾かします。【アクリル絵具の場合】アクリル絵具は速乾性で一度穂先が固まると元には戻せません。よって、こまめに穂先を洗う必要があります。まずは油絵具と同じように、穂先についた絵具を拭き取ります。水やぬるま湯を筆洗器に入れて、十分に振り洗いしたあと、布などで水分を拭き取りながら形を整えてよく乾かします。また口金部分に絵具が固まると穂先が開いてまとまらなくなったり、毛が切れる原因になります。特にアクリル絵具などの速乾性の絵具を使用する場合のメンテナンスはこまめにしてください。それでも、繊細な獣毛などの毛は切れやすくなるのでご注意ください。【水彩絵具の場合】穂先についた絵具を拭き取り、水やぬるま湯で穂先をよく振り洗いします。十分に洗ったら、絵具の残りがないか確かめながら布などで水分を拭き取り、形を整えてよく乾かします。水彩絵具は水溶性なので石鹸で洗ったりする必要は殆どありません。特に繊細な獣毛の画筆などは、水だけでよく洗うほうが良いといえます。
価格