ウィンザー&ニュートンの水彩筆(自然毛)

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

水彩画の歴史

水彩画の歴史は非常に古く、旧石器時代のヨーロッパで洞窟に描かれた絵にまでさかのぼるといわれています。少なくともエジプト王朝時代から写本彩色のために水彩は用いられ、特に中世ヨーロッパでも使用され続けました。中世の彩色写本は、もともと羊の皮や、子牛の皮などに卵白テンペラで描かれていましたが、次第に紙の上に展色剤(アラビアガム)で描かれるようになりました。子牛の皮では紙のようなにじみの効果は期待できず、技法的に現在の水彩とは異なるようです。芸術の手段として水彩画が用いられたのはルネサンス期からです。ドイツの画家アルブレヒト・デューラーは、植物・動物・風景の優れた水彩画を残していて、水彩画の最初期の代表的作家であると考えられています。しかし、水彩画は古い歴史がありながらバロック時代の油絵画家からはスケッチや模写あるいはデザイン画の道具として使用されるのが一般的でした。水彩画の歴史において、最も重要な歴史は植物画・生物画です。植物画はルネサンス期に人気が出て本や新聞の木版画、または羊皮紙や紙に描いたものにも彩色を施しました。植物画は初期から精巧に描ける水彩画の得意分野であり、現代でも対象をフルカラーで写生し明確に描ける事から、科学的な出版物や博物館の出版物のイラストによく使用されています。また水彩画は18世紀の英国でも広く普及し、貴族の子女、特に女性にとって教養の一つとなっていました。一方、水彩は鑑定家・測量士・軍人・技術者等から現場での地勢・防御施設・地形を記録する場合や公共の事業や依頼されたプロジェクトのイラストを作成する際の利便性により高く評価されていました。

おすすめの水彩筆

<名村大成堂> 【SK-Meteor[メテオ]】…この筆はシベリア産コリンスキーセーブル毛を使用しています。水の含みと弾力が申し分ない毛質で、メーカーである名村大成堂の品質の良さが込められた水彩筆の一つです。また、長鋒の穂先なので、長い線を描く際には勿論、水彩画には欠かせない細密な描写やサインを書く時などにも重宝されます。 / 【SK-Mercury[マーキュリー]】…この筆もメテオと同様に、シベリア産コリンスキーセーブルを使用した水彩筆です。毛先は細く、根本がふっくらとした造りとなっており、絵具の含みがとても良いことが特徴です。描く加減により太い線から細い線まで自由自在に描くことが出来、強弱が付けやすい筆となっています。1本あると便利で、水彩筆選びに迷っている方へおすすめの一品です。

ウィンザー&ニュートンについて

ウィンザー&ニュートン(W&N)は、1832年に科学者の「ウィリアム・ウィンザー」とアーティスト の「ヘンリー・ニュートン」により創立されました。当初は、ロンドン・ラスボーン・プレイスのヘンリーの家で経営されていましたが、1937年に、会社をロンドン北西のウィールドストーンに移しました。アートとサイエンスを融合させた絵具作りにより、アーティストのニーズに応えられる、幅広い色の選択肢と耐久性を提供する事を目指したこの事業は、その科学的な厳密さと探究心により、わずか数年で耐久性と透明度を併せもった絵具を、スタンダードなものとする事に成功しました。1841年にはビクトリア女王によって、初のロイヤル・ワラント(王室納入証)を与えられ英国王室御用達となりました。また1866年にはヴィクトリア女王から水彩絵筆のオーダーを受け、チョウセンイタチの毛を使った最高品質の絵筆ブランド「Series 7」が誕生しました。今ではウィンザー&ニュートンは世界で最も大きな画材メーカーとなり、原料素材の持つシャープな色彩と鮮やかな発色を追求した製品群は、世界中のアーティストから賞賛されています。
価格