ホルベインのブラシ・刷毛

ホルベインのブラシ・刷毛の商品一覧です。
世界堂では、筆・刷毛・ペインティングナイフ類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

刷毛の種類

刷毛は水張り、下地塗り、描画、ニスがけなど、下準備から仕上げまで幅広く活躍します刷毛には豊富な種類がありますが、大きく分けて西洋画用と日本画用があります。【西洋画用の刷毛】西洋画用は塗料用の刷毛が画材用に転用発展したものです。主に豚毛・イタチ・ナイロンなどで作られており、油彩の筆同様、口金がついています。日本画用の刷毛よりも硬めで弾力性があり、粘りのある絵具やニスに負けないようになっています。【日本画用の刷毛】日本画用は、天然または人工の岩絵具のような粒子のある顔料を均一に画面に下ろすための毛質をそなえています。水をたっぷり含ませて引くとき、穂先がすぐに返せること、塗っているうちに穂先が割れないもの、そして絵具の「おり」が良いものが良い刷毛の条件となります。日本画用の刷毛の用途による分類は次のものがあります。【絵刷毛】大きさは寸であらわされます。弾力のある羊毛が使われます。【空刷毛】常に乾いたままで使い、ムラを取ったり、絵具のぼかしに使います。鹿の背筋の硬くて粗い毛が使われます。【ドーサ刷毛】ドーサとは膠液です。その性質上、毛を痛めやすいのでこの目的専用に使われます。【連筆】数本から20本までの筆を連ねて作った筆で刷毛と同じように広い面積を塗るのに使います。刷毛よりも水含みが良く、微妙なぼかしができます。さらに絵具のたまりができにくいので、ムラなく絵具を引くことが可能です。描き味はしっとりして繊細です。

刷毛にはいろいろな毛が使用されますが、絵具の種類や粘度によって毛質を選ぶことが大切です。特にアクリルのような合成樹脂系の絵具にはナイロンなどの人工毛のほうが扱いやすいでしょう。日本画の刷毛を油彩やアクリルに使用することは、毛を傷めてしまうのでおすすめできません。油彩・アクリル向きの柔らかい刷毛としては少々値段は張りますが、オックス刷毛(馬足毛+豚毛)というものがあります。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。

世界堂はホルベインのブラシ・刷毛をご用意している通販サイトです。筆・刷毛・ペインティングナイフ類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格