サクラクレパスのブラシ・刷毛

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

刷毛の種類

刷毛は水張り、下地塗り、描画、ニスがけなど、下準備から仕上げまで幅広く活躍します刷毛には豊富な種類がありますが、大きく分けて西洋画用と日本画用があります。【西洋画用の刷毛】西洋画用は塗料用の刷毛が画材用に転用発展したものです。主に豚毛・イタチ・ナイロンなどで作られており、油彩の筆同様、口金がついています。日本画用の刷毛よりも硬めで弾力性があり、粘りのある絵具やニスに負けないようになっています。【日本画用の刷毛】日本画用は、天然または人工の岩絵具のような粒子のある顔料を均一に画面に下ろすための毛質をそなえています。水をたっぷり含ませて引くとき、穂先がすぐに返せること、塗っているうちに穂先が割れないもの、そして絵具の「おり」が良いものが良い刷毛の条件となります。日本画用の刷毛の用途による分類は次のものがあります。【絵刷毛】大きさは寸であらわされます。弾力のある羊毛が使われます。【空刷毛】常に乾いたままで使い、ムラを取ったり、絵具のぼかしに使います。鹿の背筋の硬くて粗い毛が使われます。【ドーサ刷毛】ドーサとは膠液です。その性質上、毛を痛めやすいのでこの目的専用に使われます。【連筆】数本から20本までの筆を連ねて作った筆で刷毛と同じように広い面積を塗るのに使います。刷毛よりも水含みが良く、微妙なぼかしができます。さらに絵具のたまりができにくいので、ムラなく絵具を引くことが可能です。描き味はしっとりして繊細です。

刷毛にはいろいろな毛が使用されますが、絵具の種類や粘度によって毛質を選ぶことが大切です。特にアクリルのような合成樹脂系の絵具にはナイロンなどの人工毛のほうが扱いやすいでしょう。日本画の刷毛を油彩やアクリルに使用することは、毛を傷めてしまうのでおすすめできません。油彩・アクリル向きの柔らかい刷毛としては少々値段は張りますが、オックス刷毛(馬足毛+豚毛)というものがあります。

刷毛の手入れ方法について

使い終わった後の刷毛の手入れ方法は、基本的に筆と同様です。使用した絵具や塗料の種類に応じて洗浄を行います。【水性の場合】まず、刷毛に付着した絵具・塗料を新聞紙や布を使って可能な限り拭き取ります。その後バケツ等に水を溜めて繰り返し水洗いを行います。刷毛からある程度色が出なくなったら、筆用石鹸や台所用洗剤を使って根本からもみ洗いを行い、しっかり流水で洗い流します。この時洗浄が不十分であると筆が固まる原因となる為、汚れが無くなるまで繰り返し行うことが重要です。最後に風通しの良い場所で「刷毛の先を上にした状態」で陰干しを行い、しっかり乾燥させたらお手入れ完了です。【油性の場合】まずは水性と同様に、絵具を可能な限り布等で拭い取ります。次に、油絵具なら専用のブラシクリーナー、塗料なら専用のうすめ液等の溶剤を使ってある程度洗浄を行い、布で丁寧に拭き取ります。尚、これらの洗浄溶剤は臭いが強い為、換気をしながら作業を行います。その後は水性と同様に、石鹸洗剤等で繰り返しもみ洗いを行い、乾燥をさせたらお手入れ完了です。尚、廃液の処分は環境に配慮する必要があり、決して水道に流してはいけません。例えば、油絵具のブラシクリーナーの場合はゴミ袋へ不要な布・紙を詰め込み、廃液を吸わせた上で不燃ごみとして処分するのが通常です。廃液の量が多い場合は固めたり分離出来る処理剤を使うのがおすすめです。(アルテージュ/固めるエコロイル等) 溶剤の種類や各自治体によっても処分方法は異なる為、規定に基づいて処理する必要があります。

大作の油絵におすすめのブラシ

「オメガ」のペイントブラシは油絵の大作を描く際に大変おすすめです。穂先と柄の形状が様々な種類で展開されており、描く場面に合わせて使い分ける事が出来ます。特に穂先が「ラウンド」のものは、通常の油彩筆では出せない大胆なタッチやストロークを描き、表現することが出来ます。柄が細めのタイプ(シリーズ1053 / 222等)は線の強弱がつけやすく、大作用油彩筆として優秀な一品です。筆先の先端までボリュームのあるタイプ(シリーズ861 / 380等)は絵具の含みが良く、よりダイナミックな描写が出来ます。フラットタイプ(シリーズ 1031 / 80等)は、単色塗り(ベタ塗り)等に適しており、広い範囲を塗るのに最適です。より幅広のものは、ジェッソ等の地塗りや仕上げ用のニス塗り等に活用するのもおすすめです。

サクラクレパスについて

「サクラクレパス」は1921年(大正10年)に創業された「日本クレイヨン商会」が基になっています。1925年(大正14年)に世界初のオイルパステル「クレパス」を発明。1934年(昭和9年)に「クレパス本舗桜商会」と改称し、1970年(昭和45年)に現在の社名となりました。明るい光と美しい色彩に満ちた自然の風物を、感じたままに絵に表現できるような描画材料はないものか。大正10年創業のサクラクレパスは研究に邁進し、ついに大正14年に画期的な描画材料の開発に成功しました。 当時の図画教育に対しての改革を強く訴え、「自由画運動」を提唱されていた山本鼎(かなえ)画伯は、何とかして子供たちのために、安価で鮮やかな発色をもった描画材料ができないものかと、その開発の必要性を熱く語りました。サクラクレパスはその山本鼎画伯のひたむきな姿勢と、「自由画運動」の思想に心を打たれ、総力をあげて新しい描画材料の開発に取り組みました。その結果、クレヨンの使いやすさとパステルの美しい発色を兼ね備えた画期的な描画材料である「クレパス」が誕生しました。また近年では、総合文具メーカーとして、最先端のオフィス機器・用具から一般的な事務用品にいたるまで、多種多彩な商品を製造・販売する企業になりました。開発される商品には「こころ」のある「色」という姿勢を一貫しており、教育・文化に貢献することを社是に掲げ、教育現場に適した材料を提供し続けています。
価格