ファーバーカステルの筆洗器・油つぼ・その他

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

油絵具はなぜ高価格?

家庭用塗料や学童用水彩絵具と比較しても油絵具は平均的に高価です。なぜなのか?その理由のひとつは、高価な原料を高濃度で使う点にあります。これは発色を最良の状態に引き出す為です。また油絵具に使われている顔料は、学童用絵具に使われているものの数倍の値段がする高級顔料を使用している場合があります。よって顔料を混ざりものの少ない状態で作れば絵具も高価になります。もうひとつの理由は、油絵具の製造費です。ご存知のように油絵具はたくさんの色数があり、少量多品種の生産になってしまう為、一度に多く製造できる学童用絵具と違って、どうしても製造コストが高くなってしまうのです。

ホルベイン 腕鎮(ワンチン)とは

今回は油絵を描かれる方の中でも意外と知られていない道具、「腕鎮(ワンチン)」についてご紹介致します。腕鎮とは、キャンバスへ描く際に手を固定(安定)させる為に使う支え棒で、「マールスティック」と呼ばれることもあります。先端部分に柔らかい皮革・ゴムなどの緩衝材が付いており、キャンバスの縁や描いていない空白部分に置いて使用します。片方の手で腕鎮を持ち、描く側の手(腕)を腕鎮の柄の上に乗せることで手がブレることを防ぎ、細かい描写を可能にします。また、腕鎮を使うことで乾いていない画面でも手を汚さずに描くことが出来ます。乾くのが遅い油絵の制作において、緻密にモチーフを描き込んでいくには正に必需品と言えるでしょう。

ファーバーカステルについて

ファーバーカステルは1761年ドイツでカスパー・ファーバーが鉛筆の製造を行った事に始まります。1851年後継者ローター・フォン・ファーバーが鉛筆の「長さ」「太さ」「硬度」の基準を策定しました。この基準は150年以上経った今でも、世界中のメーカーで採用されています。鉛筆のみならず、パステルや色鉛筆などは、その滑らかな描き味と鮮やかな発色で、世界のアーティストの高い評価を得ています.250年以上の歴史を持ち、プロアーティストからホビーペインターまで広く愛されているファーバーカステルのプロフェッショナル画材ライン「アート&グラフィック」。 フィンセント・ファン・ゴッホなど、歴史に名を残す偉大なアーティストやデザイナーは、かつてファーバーカステルの色鉛筆の豊かな色調を高く評価していました。高品質な顔料を多く含んでいる為、卓越した耐光性があり何十年先、百年先までも作品が色褪せることはありません。色が保たれるという特徴はアーティストにとって非常に重要です。特にポリクロモス油性色鉛筆は、その品質の高さから世界中のアーティストに支持されています。表現の幅を広げる高品質な油性色鉛筆は、ファーバーカステル社の長い歴史により培った技術をもって製造されています。また、ポリクロモス油性色鉛筆は折れにくく、卓越した耐光性を誇ります。その鮮やかな発色と定着性もプロアーティストに愛される所以です。
価格