ターレンスのパレット・ペーパーパレット・とき皿

  • 対象商品:3
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

油絵に使用するブラックの種類と特徴

黒にはアイボリーブラック、ランプブラック、ピーチブラック、マルスブラックがあります。アイボリーブラックはポピュラーな黒色絵具で、顔料は動物の骨を焼いて作られる事からボーンブラックと呼ばれます。元来は象牙を焼いていたのですが、現在は牛骨が使われます。温かみのある黒で、着色力、隠ぺい力は余りありません。単独の塗りは綺麗ですが、混色ではややにぶいグレートーンになります。乾燥が遅い、亀裂が入りやすい、カビの生えやすいなどの傾向があります。ランプブラックは昔、ランプから採取したススだったので、この名前があります。絵具メーカーによってその性質は若干異なりますが、おおむね着色力の強い黒です。アイボリーブラックよりも混色に適しています。ピーチブラックまたはバインブラックは元来、植物炭の黒だったのですが、現在では原料の供給と分散の困難なことから、一部の海外メーカーから販売されているだけです。マルスブラックは黒色の酸化鉄で、乾燥性の良い絵具となります。白との混色では物質感のあるグレーを作ります。この顔料は磁気テープによく使われました。

ターレンスについて

画材ブランドである「レンブラント」(ロイヤルターレンスの最高級ブランド)はオランダ王室からロイヤルの称号を授けられ、社名をロイヤルターレンス社へ改めました。「レンブラント」は厳選された原料と品質にこだわり、濁りのない澄みきった混色と他に類を見ない優れた耐光性・耐久性を備えた画材です。絵具類の他、パステルや画筆、イーゼル等がラインアップされています。また、「ヴァンゴッホ」シリーズや、アクリル絵具の「アムステルダム」シリーズも広く知られ、人気を博している画材ブランドです。ターレンスジャパンは世界レベルの品質と、世界の才能の架け橋になるたことを掲げ、「Heart with Art=いつも心に芸術を」をスローガンにしています。
価格