ホルベインのモチーフの通販

  • 対象商品:3
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

石膏デッサンは何故難しいのか

モチーフのカテゴリーでは描画の対象となるモデル人形・石膏像を取扱いしております。石膏像は絵画や彫刻の基礎を学習するのに適しており、美術大学の入学試験においても重要視されています。石膏デッサンが試験に採用されるのは、受験生の純粋なデッサン力が測れるところに理由があります。静物画でよく用いられる果物やパンといったモチーフは多少の歪みや陰影の差異があっても、絵としての完成度さえ高ければ、些細な問題に留まります。しかし、石膏デッサンの場合そのような誤魔化しは一切利きません。デッサンの狂いが少しでも生じれば、それは画に顕著に表れ、見る者に違和感を与えます。また、人物の顔はそれぞれが複雑で繊細な造りをしている為、ズレや歪みが生じた途端、別人のような画になってしまいがちです。故に初心者が陥りやすいのが、描いた石膏が作者本人に何処となく似てしまうといった現象です。人間の顔はこういうものだという先入観と固定観念から、意識せずとも毎日見ている自分の顔へ近づいてしまうというわけです。その為、初心者の内は測り棒をこまめに使用し、顔のパーツごとの距離や面積を逐一チェックしながら描くことが勧められます。面倒な作業に感じられるかもしれませんが、測ることでその石膏像のポイントが正しく把握できるようになります。光の捉え方・陰影の描写も同様に正確さが求められますが、こちらは絵として「らしさ」を加えることも重要です。例えば、石膏像とモチーフ台の設置面にスッと濃い線を入れるだけでも重量感が増し、「置いてある感」を演出することが出来ます。これがいわゆるテクニックの部分です。しかし、これらは加減が難しく、やりすぎると途端に画面全体が嘘くさくなってしまいます。平たく言うと「正確さを演出する嘘を描く」必要があるというわけです。一見矛盾していますが、これが出来るのと出来ないのとでは明らかな違いが生まれます。石膏デッサンは表現ではなく、絵画における基礎であり、訓練です。「面・形・陰影を正しく捉え、描画する能力が備わっているか。」これを測りたい美術大学側にとって、石膏デッサンは最適な試験科目です。その為、ファイン・デザイン等の学科の違いに問わず、美大志望生の前に立ちはだかる最初の関門と言えるでしょう。

モチーフとは?

芸術分野における「モチーフ」とは、作品の中心となる思想及び構成を意味します。絵画においては、表現された作品のモデル及び元となった物がある場合に、その対象物本体をモチーフと指すことが一般的です。例えば、「リンゴをモチーフに描いた作品である」という伝え方になります。また、素描・デッサンをする際の対象物をそのままモチーフと呼称することもあります。この場における「モチーフを組む」という意味合いは、デッサン時における対象物の配置・角度といった「対象物そのもの構成を考える」ことに当たります。当ショップ(世界堂通販)では、モチーフ用の商品のお取り扱いが御座います。デッサンの際に是非ご活用ください。

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在は、国内最大手の絵具・画材販売製造メーカーとなっています。

油絵具「ヴェルネ」の歴史

日本で最初に洋画用絵具をつくったのは東京の花廼家(はなのや)です。そこから独立した二代目によるブランド、桜木絵具を販売していたのがホルベインの前身、吉村商店でした。桜木油絵具の品質や製造量に不満を感じていた吉村商店の清原定謙は、みずから本格油絵具の開発を決意しました。清原は技術指導者を招き入れて桜木油絵具を改良し、ついにより高品質な製品を完成させました。これこそ、ホルベインブランドの油絵具第一号ホルベイン「ヴェルネ」油絵具でした。しかし昭和16年(1941年)清原は召集礼状により大陸へ招集され、さらに昭和19年(1944年)東京の製造工場が焼失します。ホルベイン油絵具の歴史はここで一度、完全に途切れることとなりました。その後復員した清原が、新工場で油絵具の製造を再開しましたが、「ヴェルネ」の名前が再び使われることは有りませんでした。時は移り平成22年(2010年)、ホルベインは油絵具の原点を、もう一度見直してみようと思い立ちます。有色顔料と乾性油だけのもっともシンプルな処方の絵具がもっとも色鮮やかで美しいことはわかっています。しかしそれだけでは流通に耐える安定した製品にはなりません。粘り強く研究を続けた膨大なデータと永年蓄積された製造ノウハウのすべてが注ぎ込まれました。緻密な処方の設計と最新鋭の生産機の導入により、高い性能と安定性を両立させ、顔料のかつてない高分散により、驚くべき滑らかさ、色の濃度、透明度が実現しました。まさしく油絵具のそしてホルベインの原点、60 年以上の時を経て一旦忘れられた「ヴェルネ」の名前は、600 年以上続く油彩画の歴史に新時代をもたらすべく、こうして復活を遂げる事となりました。
価格