三菱鉛筆の鉛筆

三菱鉛筆の鉛筆の商品一覧です。
世界堂では、パステル・色鉛筆・ペン類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

鉛筆の歴史

鉛筆の歴史は1560年代までさかのぼります。イギリスのボローデール鉱山で良質な黒鉛が発見されたのがキッカケです。その黒くなめらかな性質が注目され、細かく切ったり、手で握る部分をヒモで巻いたりして筆記具として使われるようになりました。これが世界最初の鉛筆です。1760年になるとカスパー・ファーバーというドイツ人が黒鉛の粉を硫黄などで固めた芯を作りました。今日の鉛筆に最も近い筆記具となりました。1795年になると、ニコラス・ジャック・コンテというフランス人が硫黄の代わりに粘土に黒鉛を混ぜて、これを焼きかためて芯を作り、さらに混合の比率を変えれば芯の硬度が変化することを発見しました。現在でも基本的には、このコンテの方法で鉛筆の芯は作られています。

日本最古の鉛筆とは?

日本最古の鉛筆として、静岡県の久能山東照宮博物館に徳川家康の遺品として、約6cm程の1本の鉛筆が展示されています。これが日本に残っている一番古い鉛筆といわれています。この鉛筆は芯はメキシコ産で、柄は赤樫でできています。記録が無い為、どのようにして日本まで渡ったか分かりませんが、スペイン、あるいは当時その属領であったメキシコかフィリピンから家康に献上されたものであろうといわれています。また、伊達政宗も鉛筆を使っていたと考えられます。1974年に、墓所・瑞鳳殿の発掘が行われた時に約7cm程の鉛筆が発見されています。また日本で本格的に鉛筆が使われるようになったのは明治維新後の事です。ドイツからの輸入品だったため、ごく限られたごく一部の人しか使っていませんでした。この頃の日本での筆記具は筆と石筆と手製の鵞ペンが主流でした。

三菱鉛筆について

三菱鉛筆株式会社の礎となった「眞崎鉛筆製造所」は創業者眞崎仁六により、明治20年(1887年)に内藤新宿(現:新宿区内藤町)にて創業されました。明治11年(1878年)にパリで行われた万博で初めて鉛筆を見た眞崎仁六は、その感動を元に様々な研究と努力を重ね、日本初の鉛筆工業生産に成功しました。その後も数々の失敗を重ね、試行錯誤を繰り返しながら、明治34年(1901年)に、「逓信省(現:総務省)御用品」として採用されたのが『局用鉛筆』です。このときの感動を後世に残すべく、眞崎仁六は、記念の商標を登録するに至りました。『局用鉛筆』には一号、二号、三号という3種の硬度があり、これに合わせて眞崎家の家紋である「三鱗(みつうろこ)」を図案化し、“三菱”というマークを考案しました。この“三菱”マークと「三菱」という商標は、明治36年(1903年)に商標登録され、三菱財閥の商標登録に先立つこと10年になります。“三菱”マークは、創業者の誇りや伝統とともに、現在に受け継がれています。創業以来、三菱鉛筆は「最高の品質こそ 最大のサービス」を社是として、常に品質向上と技術革新に努め、世界の筆記具市場をリードするメーカーとしての地位を築いてきました。60年以上のロングセラー商品『ユニ』などに代表される最高レベルの鉛筆、世界で圧倒的なシェアを持つ水性ボールペン『ユニボール』、幅広い年齢層、様々な用途に使用されているサインペンの定番『ポスカ』、なめらかな書き味の油性ボールペン『ジェットストリーム』、常に細く濃く書けるシャープペン『クルトガ』、世界で初めて工業用ダイヤモンドを配合したシャープ替芯『ユニ ナノダイヤ』、多様化したお客様のニーズに対応できる選べる筆記具『スタイルフィット』等々、技術の蓄積の中から生み出された数々の商品が、国内のみにとどまらず広く海外においても愛用され、支持され続けています。

世界堂は三菱鉛筆の鉛筆をご用意している通販サイトです。パステル・色鉛筆・ペン類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格