サム・トレーディングの製図ペン

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

製図メーカー[ロットリング]の歴史

ドイツ生まれの製図・筆記具ブランド「ロットリング」が誕生したのは今から80年程前の1928年の事でした。ドイツのハンブルクで商売をしていた後の創業者ウェルヘルム・リープはアメリカ旅行で立ち寄った産業博覧会で、風変わりな1本のチューブラ(パイプ状の)ペンと出会います。帰国してその風変わりなペンをヒントにチューブラ万年筆を考案します。「ティンテンクリ」と名付けられたユニークな万年筆はまたたく間に評判になり、1931年に新たにリープ社を設立しました。また翌年には世界34ヶ国に輸出するヒット商品となります。しかし、世界的な企業として勝利の行進を始めたリープ社(現・ロットリング社)を待っていたのは第2次世界大戦による工場の焼失というダメージでした。しかし、このダメージにも負けず再建された工場は、2代目のヘルムート・リープに委ねられ、改良・改善の歴史を経て1953年に現在の製図ペンの原型となるモデル[ラピッドグラフ]が誕生しました。「正確な線こそ美しい線」この情熱と信念に燃えたウィルヘルム・リープの物作りにかけたコンセプトは次々に世に送り出す全ての商品に継承されます。製図ペンの厳しい精度と機能によって培われた技術とトレードマークである[赤い輪]は信頼の印として定着し、現在でもロットリング・ブランドは製図ペンの代名詞になっています。

サム・トレーディングについて

1994年に事業発足し、コミック用品を中心に製造・販売を行ってきました。その後1997年から額縁の事業を開始。オーダーフレームのシステムはヨーロッパのモールディングをメインに取り扱っています。オーダー品は国内自社工房にて職人が1組ずつ丁寧に製作しています。規格サイズで販売されている額縁は、人気のオーダーフレーム(モールディング)からピックアップしたものであり、お求めやすい価格となっています。既成のフォトフレームは、イタリア・スペイン・日本などの工場で作られたフレームを自社工房で加工の後販売しています。
価格