サクラクレパスの色鉛筆・水彩色鉛筆・パステル色鉛筆

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

色鉛筆の水性と油性の違い

色鉛筆には水性と油性の2種類があります。水性は水に溶ける為、描いた後に水を付けると水彩画のような表現が可能です。一方、油性は水に溶ける事が無い鉛筆です。一般的な色鉛筆は油性となります。また鉛筆とは製造方法が異なり炉で焼く事がないので、色鉛筆の芯は鉛筆と比べて軟らかいのが特徴です。

なぜ色鉛筆の軸は丸い?

黒色鉛筆の場合、鉛筆の軸は六角形や三角形などが主流です。しかし色鉛筆の場合、大半が丸軸になっている事にお気づきでしょうか?上記でも述べましたが、色鉛筆の芯は黒色鉛筆より軟らかく強度が弱くなっています。また軸が六角形や三角形だと芯から軸(手が触れるところ)までの幅が均一でなくなり、また幅が狭い箇所ほど力が掛かりやすく折れやすくなります。これを改善する為に、軸を丸軸にする事で芯から軸までの幅を均等にし、力の分散を図っているのです。しかし、現在では技術の発展により、一部の色鉛筆では六角形や三角形などの軸も販売されています。

紙以外にも描ける特殊色鉛筆[ダーマトグラフ]

通常、色鉛筆は紙などに描く筆記具であり、ガラスや金属には描く事ができません。しかし、三菱鉛筆[ダーマトグラフ]なら紙はもちろんのこと、ガラス・金属・プラスチック・フィルムなどにも自由に描ける特殊芯を採用しています。油性と水性があり、水性は水で消すことができるタイプです。また、この色鉛筆は木軸ではなく紙巻の軸になっているのも特徴です。発売当初は木軸で挟んでいましたが、ワックスが多く温度変化によって収縮したり、膨張したりして芯が抜け落ちてしまいました。普通の鉛筆の芯は、接着剤で木軸に付けていますが、ダーマトグラフの芯は油分(ワックス)が多く、接着剤が効きません。その為、伸び縮みに耐える紙で巻いています。軸の横にミシン目と糸がついた特殊な紙を使い、芯に巻きつけています。

サクラクレパスについて

明るい光と美しい色彩に満ちた自然の風物を、感じたままに絵に表現できるような描画材料はないものか。大正10年創業のサクラクレパスは研究に邁進し、ついに大正14年に画期的な描画材料の開発に成功しました。 当時の図画教育に対しての改革を強く訴え、「自由画運動」を提唱されていた山本鼎(かなえ)画伯は、何とかして子供たちのために、安価で鮮やかな発色をもった描画材料ができないものかと、その開発の必要性を熱く語りました。サクラクレパスはその山本鼎画伯のひたむきな姿勢と、「自由画運動」の思想に心を打たれ、総力をあげて新しい描画材料の開発に取り組みました。その結果、クレヨンの使いやすさとパステルの美しい発色を兼ね備えた画期的な描画材料である「クレパス」が誕生しました。また近年では、総合文具メーカーとして、最先端のオフィス機器・用具から一般的な事務用品にいたるまで、多種多彩な商品を製造・販売する企業になりました。開発される商品には「こころ」のある「色」という姿勢を一貫しており、教育・文化に貢献することを社是に掲げ、教育現場に適した材料を提供し続けています。
価格