ステッドラーのシャープペンシル・芯ホルダー・製図用シャープペン

ステッドラーのシャープペンシル・芯ホルダー・製図用シャープペンの商品一覧です。
世界堂では、パステル・色鉛筆・ペン類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:5
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

シャープペンシルの歴史

シャープペンシルは、1838年にアメリカのキーランという人物が「エバーシャープ」(「常に尖っている」という意味)という名前の筆記具を発表したのがはじまりとされています。ちなみに英語では、[芯を繰り出す機械仕掛けの鉛筆”という意味である「MECHANICAL PENCIL(メカニカル・ペンシル)」と呼ばれています。日本製のシャープペンシルが生まれたのは大正時代。1915年に現在の電機メーカー「シャープ」の前身である「早川金属工業」の早川徳次により考案され、「早川式繰出鉛筆」の名前で発売されました。しかし、当時は芯の太さが1ミリもあったことや、まだ高級品だったため一般には広まりませんでした。その後、1960年に国内メーカーが初めて「ノック式」のシャープペンシルを発売。当時は0.9ミリの芯が主流でしたが、1962年に芯の太さが0.5ミリのタイプが発売されるとシャープペンシルは人々の間で広く使われるようになっていきました。0.5ミリの芯は、画数の多い漢字を使う日本語を書くのにピッタリだったことから普及しました。その後も各メーカーによって、実用的で安価なシャープペンシルの開発が続けられ、1965年頃になるとキャラクターがデザインされたものなど、いろいろなシャープペンシルが登場。中高生を中心にどんどん人気を集めていきました。そして1980年代になると100円のシャープペンシルが大ヒットし、さらに多くの人に使われるようになりました。

日本工業規格(JIS)による芯の硬さ

芯の硬さは鉛筆と同様に、ヨーロッパや日本ではHやBなどで表記されます。また日本では日本工業規格 (JIS) で定められており、6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9Hに準拠していますが、メーカーによってはHBのラインナップを拡充し、Bに近いソフトHB、Fに近いハードHBといった硬さの商品を発売しています。

日本工業規格(JIS)によるの芯の長さ

シャープペンシルの芯は本体に合ったものを使用しなければならない為、芯の直径も日本工業規格 (JIS)では0.3mm(0.35mm)、0.5mm、0.7mm、0.9mm(1.0mm)、2.0mmが定義されています。その他には0.2mm、0.4mm、0.6mm、0.92mm、1.1mm、1.18mm、1.3mm、1.4mm等があります。日本では0.5mmが、アメリカでは0.5mmや0.7mmが一般的に使わます。

ステッドラーについて

ヨハン・セバスチャンが1835年に鉛筆製造工場を設立した事が、ステッドラー社の始まりとなりました。また、設立者のヨハン・セバスチャンの祖先であるフリードリッヒ・ステッドラーは、現存している「鉛筆製造者」の世界最古記録としてニュルンベルク市役所の資料にその名が残されています。ヨハン・セバスチャンは父であるパウルス・ステッドラーのワークショップにて 鉛筆の伝統的な製造方法の知識と経験を学びました。その知識と経験を活かし、ニュルンベルクの市の協議会の認可の後、近代化への流れと共に機械化された工場を市内に設立しました。その後、1840年前後には、63種類もの鉛筆を開発・製造し、 1856年からはスギ素材で作られた円形と六角形の鉛筆をそれぞれ48色ずつ開発しました。現在のトレードマークであるマルスヘッドは、1900年に登録されマルスブルーとともにブランドイメージとして認識されるようになりました。

世界堂はステッドラーのシャープペンシル・芯ホルダー・製図用シャープペンをご用意している通販サイトです。パステル・色鉛筆・ペン類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格