コクヨのシャープペンシル・芯ホルダー・製図用シャープペン

  • 対象商品:7
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

シャープペンシルの歴史

繰り出し式シャープペンシルの原理は1822年イギリスで発明されました。「シャープペンシル」の語源は、1838年にアメリカのキーランという人物が「エバーシャープ」(「常に尖っている」という意味)という名前の筆記具を発表したのがはじまりとされています。ちなみに英語では、[芯を繰り出す機械仕掛けの鉛筆”という意味である「MECHANICAL PENCIL(メカニカル・ペンシル)」と呼ばれています。日本製のシャープペンシルが生まれたのは大正時代。1915年に現在の電機メーカー「シャープ」の前身である「早川金属工業」の早川徳次により考案され、「早川式繰出鉛筆」の名前で発売されました。しかし、当時は芯の太さが1ミリもあったことや、まだ高級品だったため一般には広まりませんでした。その後、1960年に国内メーカーが初めて「ノック式」のシャープペンシルを発売。当時は0.9ミリの芯が主流でしたが、1962年に芯の太さが0.5ミリのタイプが発売されるとシャープペンシルは人々の間で広く使われるようになっていきました。0.5ミリの芯は、画数の多い漢字を使う日本語を書くのにピッタリだったことから普及しました。その後も各メーカーによって、実用的で安価なシャープペンシルの開発が続けられ、1965年頃になるとキャラクターがデザインされたものなど、いろいろなシャープペンシルが登場。中高生を中心にどんどん人気を集めていきました。そして1980年代になると100円のシャープペンシルが大ヒットし、さらに多くの人に使われるようになりました。

日本工業規格(JIS)による芯の硬さ

芯の硬さは鉛筆と同様に、ヨーロッパや日本ではHやBなどで表記されます。また日本では日本工業規格 (JIS) で定められており、6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9Hに準拠していますが、メーカーによってはHBのラインナップを拡充し、Bに近いソフトHB、Fに近いハードHBといった硬さの商品を発売しています。

日本工業規格(JIS)によるの芯の長さ

シャープペンシルの芯は本体に合ったものを使用しなければならない為、芯の直径も日本工業規格 (JIS)では0.3mm(0.35mm)、0.5mm、0.7mm、0.9mm(1.0mm)、2.0mmが定義されています。その他には0.2mm、0.4mm、0.6mm、0.92mm、1.1mm、1.18mm、1.3mm、1.4mm等があります。日本では0.5mmが、アメリカでは0.5mmや0.7mmが一般的に使われます。

コクヨ 鉛筆シャープとは?

コクヨの「鉛筆 シャープ」は鉛筆のように滑らかに書くことの出来る新しいシャープペンシルです。その特徴は専用芯の太さにあり、0.7mm、0.9mm、1.3mmの3種があります。通常のシャープペンシルよりも太くて折れにくく、滑らかにさらさらと書けることからアイディア出しやメモ書きの他、スケッチなどにも向いています。1.3mm芯に至っては、マークシートの塗りつぶしやデッサン・クロッキーなどにも適した優れものです。また、ペン軸本体のカラーバリエーションも豊富で、場面に応じて使い分ける事が出来ます。ポップなカラーデザインの「フローズンカラー」「キャンディカラー」に加え、ビジネスシーンでも使いやすいシックなデザインの「スタンダードカラー」のラインナップが御座います。その他、しっかりと安定した書き心地の「Type S」もおすすめです。

コクヨについて

コクヨの創業は、明治38年(1905年)。創業者黒田善太郎が26才のとき、大阪市西区南堀江に和式帳簿の表紙店を開業したのが始まりです。「表紙店」とは、その名のとおり、当時一般的に使用されていた和式帳簿の表紙製造だけを問屋から請け負うという日の当たらない仕事でした。しかも表紙は、帳簿全体の価格のわずか5%。製品の印象を左右する重要なパーツであることを考えると、割の合わない商売と言えます。しかし創業者は、「人の役に立つことをしていれば、必ず受け入れられる」という信念をもって事業に打ち込み、「表紙は黒田の表紙でなければダメだ」と言われるに至って、徐々に表紙だけの製造請負から帳簿と表紙の一貫生産へと一歩ずつ事業を広げていきます。時代は明治から大正へと変わり、西洋化が一般庶民の間にも浸透していきます。帳簿も従来の単式簿記から西洋式の複式簿記に移行、洋式帳簿のニーズが高まりました。コクヨはその動きを見越して、大正2年(1913年)、洋式帳簿の販売を開始。さらに同年、伝票、仕切書、複写簿、便箋などの製造にも着手し、紙製品メーカーとしての形態を次第に整えていきました。さらに1914年(大正3年)「黒田国光堂」、大正6年(1917年)「国誉」、昭和36年(1961年)「コクヨ株式会社」と社名を変更、現在はステーショナリー業界のトップ企業となっています。コクヨグループは、文具、事務用品を製造・販売するステーショナリー関連事業と、オフィス家具、公共家具の製造・販売、オフィス空間構築などを行うファニチャー関連事業、オフィス用品の通販とインテリア・生活雑貨の販売を行う通販・小売関連事業から成っています。1905年の創業以来、「世の中の役に立つ」、すなわち一人ひとりの成功・成長をサポートすることで、社会全体をじわじわと豊かにしていくことを企業の目的(企業理念)としています。コクヨグループは今後も働く人・学ぶ人の知的活動を豊かにする商品・サービスの提供を通じて「国の誉(コクヨ)」の名に見合う、選ばれ続ける企業を目指すことを掲げています。ステーショナリー事業は、「個客」への提供価値にこだわり、その価値を最大化していく開発・生産・販売・物流のバリューチェーンを体現する「事業機軸」の経営を掲げています。
価格