スリーエムジャパンのボンド・ペーパーセメント・スプレーのり

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

接着剤の起源について

接着剤の起源は古く紀元前4千年頃まで遡ります。この頃、中国やバビロニアではアスファルトや膠が天然の接着剤として用いられていました。また紀元前2千年紀頃からはエジプトの壁画・木質寝棺・宝石箱にも膠が多用され、またカゼインも用いられました。日本でも縄文時代頃から、松脂やアスファルトを使用して槍や矢などが作られています。今日、接着剤といえば合成接着剤を想像しがちですが、合成接着剤が誕生したのは20世紀以後の事です。その後、合成接着剤が飛躍的な進歩をして用途も大きく広がってきました。また瞬間接着剤は人体の外科手術にまで使用されるようになり、今や接着剤は家庭工作、木工、繊維、建築、建材、土木用に限らず、用途は無限に広がっています。

コニシ「木工用ボンド」について

黄色のボトルに赤色のキャップで有名なボンドは、子どもから大人まで広く知られている接着剤です。一番メジャーである家庭用「木工用ボンド」は、木・紙・布などの接着が出来、子供の図画工作にはもちろん、手芸などにも幅広く活用されている商品です。水性で扱いやすく、乾燥するとほぼ透明になる特徴があります。流布時の伸びも良く、壁面に使用しても液垂れしにくい適度な粘性があります。また、厚く盛って乾燥した後にカッター等で削って加工することも可能です。その他、ホルムアルデヒドを使用していない安全性の高い接着剤として、JIS規格に認定されています。「ボンド」はコニシのブランドであり、登録商標です。唯一無二の扱いやすい接着剤として、長く支持を得続けています。

ミツワ ペーパーセメントとは

ペーパーセメントとは有機溶剤と天然ゴムを主剤とした、紙を貼り合わせる為の専用の接着剤です。紙同士をぴったりと接着することが出来、グラフィック・デザイン・イベント業界で広く活用されている製品です。一般的な水糊・スティック糊等は水分を含む為、使用時の紙の波うちやシワの発生は避けて通れません。しかし、ペーパーセメントであればシワのない美しい仕上がりで紙を貼り合わせられます。セメントが完全に乾く前であれば何度も貼ったり剥がしたりすることが出来、本貼りする時は完全に乾かしてからぎゅっと圧着して貼り付けます。また、専用のソルベントを使用すれば本貼りした後でも紙を傷めることなく剥がす事が出来ます。ずれてしまったり、貼り間違えた場合でも後から修正することが可能です。その他、専用のラバークリーナーははみ出したセメントを除去する時に大変便利で、水彩画を描く際にマスキングインクを剥がす為の道具として活用する方もいます。

スリーエムジャパンについて

スリーエムジャパンは1960年(昭和35年)にアジア初の3M海外現地法人として日本ミネソタスリーエム株式会社の設立が礎となっています。その後1961年(昭和37年)に、3M社と住友電気工業株式会社、日本電気株式会社の日米折半出資による住友ミネソタ株式会社を設立、出資比率は3Mが50%住友電工とNECが25%でした。1962年(昭和38年)には、住友ミネソタが日本ミネソタスリーエムを吸収合併し、社名を住友スリーエム株式会社へ変更しました。さらに2014年(平成26年)住友電工株式会社が3M社に株式を売却し、住友グループとの合弁を解消、スリーエムジャパン株式会社へ社名変更されて現在に至っています。3Mのブランド名「スコッチ」はアメリカでは粘着テープを指す一般名詞にまでなっています。

ポスト・イットの歴史

1981年(昭和56年)、3Mはポスト・イット® ノートの世界販売に乗り出しました。当時の日本でも住友スリーエム(現スリーエム ジャパン)が販売を開始していました。しかし、まったく売れない状況が2年間続き、担当者は1983年(昭和58年)春、アメリカでの例にならい、女性をターゲットにして企業・街頭でのサンブリング作戦の実施を開始しました。配られたサンプルは60万袋。その甲斐あって徐々に注文が増え始め、使用後の感想が営業部員の耳に入ることも多くなりました。なかでも官公庁で圧倒的だったのが「付箋として使えるサイズが欲しい」というものです。それまではアメリカと同じ製品しか販売を行いませんでしたが、日本独自の要望に応えて紙の先端を赤く塗った付箋紙タイプのポスト・イット® ノートを開発・販売したところ、爆発的にヒットしました。その都度糊をつけなければならない付箋紙よりもポスト・イット® ノートの方がはるかに便利な為、それまでメモサイズには興味を示さなかった企業からも注文が殺到しました。その後バリエーションとともに様々なカラーが登場し、今やポスト・イット® ノートは、オフィスの必需品としてゆるぎない地位を確立しています。
価格