スリーエムジャパンのテープ類・両面テープ・水張テープ

スリーエムジャパンのテープ類・両面テープ・水張テープの商品一覧です。
世界堂では、デザイン・製図・コミック用品類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

接着剤と粘着剤の違いについて

ここでは接着剤と粘着剤の違いについてご説明します。まず接着剤とは塗布した後、まだ液体のように柔らかいため直ぐにはくっつきませんが、時間が経過すると硬くなって接着力が増します。その代わり、固まった後は剥がそうと思っても、簡単には剥がせなくなります。また接着剤の種類にもよりますが時間と共に硬くなる為、試行錯誤しているとくっつかなくなる可能性があります。一方、粘着剤とは接着材の一種で主にテープなどに使用されています。特徴としては貼った直後から物と物をくっつける性質と、長く放置しておいても粘着剤が固まらず貼り直し可能となる点です。粘着剤はベタベタな材質がくっつく性質の役割を果たし、またゴムのような弾力のある性質がくっつく状態を保つ役割を果たしています。またこれらの二つの性質は物に貼る前も貼った後も変わりません。このように、時間とともに性状が変化しないところが、接着剤との違いとなります。お餅のような性質を長く保つのが粘着剤というふうに覚えておいてください。

水張りテープとは

水張りテープとは、紙を木製パネルへ固定(貼り付け)する際に使う紙製テープです。紙は水分や湿気の影響により、波うちやシワが生じます。これらを防ぐ為には「水張り」の作業が必要です。一度紙全体を水で濡らすことで「伸ばした状態」にし、そのまま木製パネルに貼り付ける事で乾燥後にピンと張った状態になります。こうすることにより、描いている最中の紙の波うちを防ぎ、より美しい作品へ仕上げることが出来ます。水張りテープは切手の様に片面に糊加工がされており、水分を含ませることで接着します。水をつける際は筆や刷毛でも良いですが、水を含ませたスポンジを使うと効率よく作業が出来ておすすめです。また、水張りテープは使用後の保管方法に注意が必要です。そのまま放置した場合、空気中の水分や湿気によりテープ全体が接着し固まってしまうことがあります。作業を終えた後は必ずチャック付のビニール袋に入れるなどし、密閉した状態で保管するようにしましょう。【ミューズ 水張りテープ 等】

スリーエムジャパンについて

1981年(昭和56年)、3Mはポスト・イット® ノートの世界販売に乗り出しました。当時の日本でも住友スリーエム(現スリーエム ジャパン)が販売を開始していました。しかし、まったく売れない状況が2年間続き、担当者は1983年(昭和58年)春、アメリカでの例にならい、女性をターゲットにして企業・街頭でのサンブリング作戦の実施を開始しました。配られたサンプルは60万袋。その甲斐あって徐々に注文が増え始め、使用後の感想が営業部員の耳に入ることも多くなりました。なかでも官公庁で圧倒的だったのが「付箋として使えるサイズが欲しい」というものです。それまではアメリカと同じ製品しか販売を行いませんでしたが、日本独自の要望に応えて紙の先端を赤く塗った付箋紙タイプのポスト・イット® ノートを開発・販売したところ、爆発的にヒットしました。その都度糊をつけなければならない付箋紙よりもポスト・イット® ノートの方がはるかに便利な為、それまでメモサイズには興味を示さなかった企業からも注文が殺到しました。その後バリエーションとともに様々なカラーが登場し、今やポスト・イット® ノートは、オフィスの必需品としてゆるぎない地位を確立しています。その後2014年(平成26年)に住友電工との資本提携を解消し、「住友スリーエム」から現社名に名称変更しました。過去には録音・録画用磁気テープも製造しており同社のブランド名「スコッチ」は高性能磁気テープの代名詞となっていました。今でも「スコッチテープ」は粘着テープ製品の代名詞となっています。

世界堂はスリーエムジャパンテープ類・両面テープ・水張テープをご用意している通販サイトです。デザイン・製図・コミック用品類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格