リラのコミック用品

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

コミック用品の新着商品

タチカワのペン先について

現在、日本のペン先ブランドは、タチカワ、日光、ゼブラの3種類です。日光はタチカワで製造している為、実際にペン先を製作しているのは、タチカワとゼブラ社の2社だけとなっています。ここでは株式会社 立川ピン製作で製造している日光とタチカワについて解説します。両ブランドともに、さじペン、Gペン、丸ペンなど、ペン先のランナップを展開していますが、ブランドの違いは[硬さ]になります。硬さが異なる理由は、それぞれの素材と微細な設計の違いとなります。ユーザーによって意見が異なりますが、比較的タチカワの方が日光よりも硬めという評価が多いです。つまり、自分の筆圧が強いと感じる方はタチカワ、手が疲れる方は日光といった具合に、自分のクセに合ったペン先を探してください。漫画に使われるペン先の形は線が太い順にGペン>さじペン>日本字ペン>スクールペン>丸ペンの5種類となっています。お気に入りの一本だけで描く人もいますし、Gペンと丸ペンでメリハリをつけて描く人もいますので、自分に合ったペン先で描きましょう。

開明の墨汁について

開明墨汁は書道用に留まらず、漫画原稿のペン入れやベタ塗り作業にも愛用者が多い事で知られています。一般的な漫画インクよりも濃い上に発色が良く、光沢感があるのが特徴です。墨汁なので水で薄めて粘度を調整することが出来ます。消しゴムをかけた後も薄れにくく、プロの漫画家からも長く支持を得ている一品です。また、開明の「まんが墨汁」は墨汁を漫画制作用に改良した商品で、こちらもプロ御用達として知られています。通常の墨汁よりも乾燥時間が速く、乾燥後は耐水性・耐アルコール性になる特徴があります。水彩やアルコールマーカーを使ってもにじむことがないので、カラー原稿の主線用にもお使い頂けます。墨汁とインクの特徴を兼ね備えた商品で、通常の墨汁が扱い辛いと感じた方にはこちらの「まんが墨汁」が大変おすすめです。

リラについて

世界で最も古い鉛筆の商標の一つであるリラ(LYRA)は、1806年にヨハン・フローシャイスがニュルンベルクで鉛筆の製造を始めて以来200年以上になります。「リラ(LYRA)」はメイド・イン・ジャーマニーに象徴される革新性と高品質の代名詞であり、今日では世界的なブランドとなっています。良質な素材選びと確かな製造プロセスを保証するために、リラの鉛筆作りは創業当初から厳格なルールの下で行われてきました。1800年代の終わりにはリラ・オーロウ鉛筆は主力商品として世界的な成功を収め、1900年には年間5,300万本の鉛筆を製造するまでに至りました。さらに両大戦の戦間期には大幅に事業を拡大し、ドイツとイタリアにおけるマーケットリーダーとなりました。その後も物流と製造の分野を大幅に革新し、充実した品質管理システムは誰もが認めるリラ社の強みになっています。品質へのこだわりと倫理観は創業以来から常にリラ製品を際立たせてきました。2008年、リラは同じ価値観を共有し追求するイタリア フィラグループの一員となりました。
価格