ゼブラのコミック用品

  • 対象商品:3
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

タチカワのペン先について

現在、日本のペン先ブランドは、タチカワ、日光、ゼブラの3種類です。日光はタチカワで製造している為、実際にペン先を製作しているのは、タチカワとゼブラ社の2社だけとなっています。ここでは株式会社 立川ピン製作で製造している日光とタチカワについて解説します。両ブランドともに、さじペン、Gペン、丸ペンなど、ペン先のランナップを展開していますが、ブランドの違いは[硬さ]になります。硬さが異なる理由は、それぞれの素材と微細な設計の違いとなります。ユーザーによって意見が異なりますが、比較的タチカワの方が日光よりも硬めという評価が多いです。つまり、自分の筆圧が強いと感じる方はタチカワ、手が疲れる方は日光といった具合に、自分のクセに合ったペン先を探してください。漫画に使われるペン先の形は線が太い順にGペン>さじペン>日本字ペン>スクールペン>丸ペンの5種類となっています。お気に入りの一本だけで描く人もいますし、Gペンと丸ペンでメリハリをつけて描く人もいますので、自分に合ったペン先で描きましょう。

開明の墨汁について

開明墨汁は書道用に留まらず、漫画原稿のペン入れやベタ塗り作業にも愛用者が多い事で知られています。一般的な漫画インクよりも濃い上に発色が良く、光沢感があるのが特徴です。墨汁なので水で薄めて粘度を調整することが出来ます。消しゴムをかけた後も薄れにくく、プロの漫画家からも長く支持を得ている一品です。また、開明の「まんが墨汁」は墨汁を漫画制作用に改良した商品で、こちらもプロ御用達として知られています。通常の墨汁よりも乾燥時間が速く、乾燥後は耐水性・耐アルコール性になる特徴があります。水彩やアルコールマーカーを使ってもにじむことがないので、カラー原稿の主線用にもお使い頂けます。墨汁とインクの特徴を兼ね備えた商品で、通常の墨汁が扱い辛いと感じた方にはこちらの「まんが墨汁」が大変おすすめです。

ゼブラについて

1897年(明治30年)、創業者石川徳松がエンジニアであった松崎仙蔵の協力を得て、純国産初の鋼ペン先の開発に成功し「石川ペン先製作所」を創業しました。1914年(大正3年)にはシマウマをデザインしたロゴマークを商標として採用し、「ゼブラペン」ブランドを確立しました。1963年(昭和38年)「ゼブラ株式会社」に社名変更。「見える、見える」のテレビCMが話題となった透明軸のボールペンや、3色ボールペンを開発してヒット商品になりました。現在国内で「ペン先」を製造しているのは同社と「タチカワ」のみとなっています。縞馬(ZEBRA)はアフリカの原野に棲息し、個々には外敵から身を守る武器すら持たぬ、非常に温和な動物です。そのためにいつも群棲し、つねに一致協力して生活を守り続けています。創業者石川徳松は、大正3年にこの縞馬のように、全社員が堅く団結し、文化の向上・発展にかかせない筆記具の製造に邁進することを願い、縞馬を商標に定めました。また、縞馬は別の文字表記では「斑馬」と書き表すこともあります。この斑馬という文字は文と王との組み合わせからなり、文具界に身を置く会社にとってふさわしい文字であると認識され採用に至ったともいわれています。さらに、商標の縞馬が後ろ向きであるのは、温故知新(古きをたずねて、新しきを知る)を意味し、人の和の力と温故知新の精神がゼブラを支える2本の柱となっています。
価格