パジコの造形材料

パジコの造形材料の商品一覧です。
世界堂では、クラフト・造形材料などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:4
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

オーブン粘土[フィモ]について

ステッドラーから発売されている[フィモ]は、家庭にあるオーブンで簡単に作品を創ることができるドイツ製の樹脂粘土です。温度設定したオーブンで110℃で20分から30分加熱するだけで、柔らかいフィモが陶器のように固まります。陶芸のように高温で加熱する必要がありませんので、家庭用のオーブンをそのまま使用可能です。さらに低温で加熱するため、革やガラスといった副資材も一緒に加熱でき、作品の幅がさらに広がります。主な特徴:【変化がない】フィモは低温で加熱する為、加熱による色の変化や収縮がほとんどみられません。また、耐光性にも優れておりますので、アクセサリー作りにも最適です。【カラフル】シリーズ全体で100色を超える豊富な色数。メタリックカラーや半透明、蓄光など特徴のある色味が揃います。【無限の色数】色をミックスして自分だけの新しい色を創り出せるのもフィモの特徴です。また市販のラメや金箔等の副資材(110℃で変化しないもの)を合わせる事で、世界にたった一つの色を創作する事も可能です。

パジコについて

パジコでは粘土・画材を核として、独創性や創造性を生かしたもの作りを理念に幅広い事業展開を行ってきました。1975年、プロの人形デザイナーへ向けた『ラドール』が発売され人気を博し、1996年にはこれまで手に付きやすく割れやすかった紙粘土を改良、さらに『オークレイ』を進化させた軽量粘土『ハーティ』が発売されました。現在この『ハーティ』は教育の現場からホビーまで幅広く愛用されている商品です。2005年にはアメリカを起点に「メーカーズブーム」が世界的な規模で起こりました。メーカーズブームとはその名の通り「個人がメーカーになる事ができる」ことに湧いたブームです。その後日本でもハンドメイド作品の売買に特化したサイトが次々に誕生し、趣味で作った作品を販売し収益を得る事ができる「趣味を仕事に」ブームが到来しました。これらの中で最も多く売買されているのがアクセサリー類です。それに伴い、オリジナルのアクセサリーを手軽に短時間で制作できる「光硬化型のレジン」が爆発的なブームとなり、レジン市場が一気に拡大しました。パジコではUVレジン「太陽の雫」「星の雫」シリーズの他にも、レジン用モールド(抜き型)、レジン用着色剤、金属パーツ等の種類も豊富に展開しています。

世界堂はパジコの造形材料をご用意している通販サイトです。クラフト・造形材料などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格