マルオカ工業のキャンバス・パネル類

マルオカ工業のキャンバス・パネル類の商品一覧です。
世界堂では、張りキャンバス・キャンバスボードや木枠・画布・ロールキャンバス木製パネルなどもご用意しております。

  • 対象商品:4
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

キャンバス(画布)について

キャンバスは主に麻布に膠を塗って乾かし、その上に白い地塗りを施したものです。綿や化学繊維のキャンバスもありますが、油絵には丈夫な麻布のキャンバスが向いています。一方、アクリル画には綿とポリエステルを混紡したキャンバスなども適しています。キャンバスは布の目の大きさによって【荒目】【中目】【細目】に分類されており、次のような特徴があります。【荒目】キャンバスの織り目が大きい為、強度がありサイズの大きい作品に適しています。しかし目が荒い為、画面の凹凸が著しく細かい表現には不向きです。【中目】荒目と細目の中間に位置する織り目です。画布の目の中では一番扱いやすい為、初心者には中目がおすすめです。【細目】織り目が細かく平滑な表面の為、細かい表現を描くのに適しています。しかし荒目・中目と比べて強度が弱く、大きい作品には不向きな点と、湿気による影響が出やすくキャンバスにシワが寄りやすいのが欠点です。またキャンバスを張る際にも破れやすい為、細目を張る場合にはキャンバス張り器の力加減に注意しましょう。当ショップでは桐材の木枠に麻画布(中目)が張ってある[カルワク張りキャンバス]を販売致しておりますが、ご自身で張られる方向けに[マルオカ製杉木枠]とキャンバスサイズにカットしてある[画布]なども販売致しております。

マルオカ工業について

マルオカ工業株式会社は昭和22年に湯川木工所として、木曽五木である木曽檜を使った「檜蒸篭」(曲げ木の木製品)の製造業者として創業しました。昭和30年、地元の油絵作家の薦めから木枠の製造に取りかかりました。そして昭和50年、張キャンパスの機械化に取り組み、キャンパスの自動張機械を開発、特許を取得しました。その後自社の製材工場を設立し「丸太からの一貫生産」を完成させました。マルオカ工業は木枠の命は材質であるとし、木材にこだわり続け、製造を行っています。樹齢200年以上のオールドグロスと呼ばれる米杉の柾目だけを使用し、価格を抑えるために木の品質を落とす事はしません。「お客様の作品を100年以上守りたい。」その想いがマルオカの木枠には込められています。木枠のロゴマーク、「〇」の中に岡は最高級の木枠の証です。

世界堂はマルオカ工業のキャンバス・パネル類など豊富に取りそろえる通販サイトです。張りキャンバス・キャンバスボードや木枠・画布・ロールキャンバス木製パネルなどの商品も取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格