ロットリングの油彩絵具

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

絵具チューブの歴史

現在、画材店などで販売されている液状の絵具は大半が専用チューブに入っています。しかし、絵具が発明された当初はチューブが無く、中世~ルネサンス時代には画家自身あるいは修業中の弟子たちがその都度、必要量の顔料を砕いて油で練るという作業で手作りされていました。工房での絵具づくりは修業の第一歩で、十代前半の弟子になりたての少年たちの仕事でした。しかし十八世紀中頃になると、絵描きだけでは生活ができない[売れない絵描き]の一部が転業して絵具作りを専業とする者も現れてきました。この為、商品として販売する際に絵具を入れる「容器(後のチューブ)」が必要になったのです。最初は絵具の容器として【豚の膀胱】が用いられました。豚の膀胱は絵具屋が出現する以前から、画家自身がアトリエで作った絵具を保存するための容器として用いられており、十七世紀オランダの画家[フェルメール]の周辺を描いた本の中にも見る事ができます。最初の金属製チューブは、1828年に[ジェームス・ハリス]が考案した【真鍮のシリンジ】です。ピストン式で注射器の形をしており、絵具を使い切ると空になったシリンジを絵具屋に持っていき[量り売り]で絵具を充填してもらいました。しかし、画期的なシリンジ方式のチューブにも欠点がありました。空のシリンジに絵具を充填する際にシリンジの中をきれいに洗う必要があったのです。(油絵具は落ちにくく、きれい洗うのがとても大変!)そこで、使い捨てチューブの発想が生まれました。使い捨てチューブの素材には、真鍮以外の金属として柔軟性と圧延性の条件を考慮すれば錫と鉛が適していました。当時は錫も高価でしたが、鉛の方がより高価だった為、錫製のチューブが開発されました。1841年に【錫製の押し出しチューブ】がイギリス在住のアメリカ人画家ジョン・G・ランドによって発明され、翌年の1842年には先端にねじ式キャップがついたチューブに改良されました。さらに1940年代になると強度を上げた錫張り鉛チューブも発明されました。しかし近年、商品への安全性がより重要視される時代になると、鉛の人体への毒性や自然環境への悪影響が問われ、日本では1990年代から錫張り鉛チューブは使用されなくなっていきました。そこで代わりとなったのが、現在も普及している【アルミニウム製チューブ】です。アルミニウムが絵具に腐食されるという致命的な欠陥がありましたが、内部の表面をエポキシ樹脂などの合成樹脂でコーティングすることで解消されています。

ロットリングについて

ドイツ生まれの製図・筆記具ブランド「ロットリング」は、プロに選ばれる操作性とその精密性が世界的に高い信頼を得ています。今から80年程前の1928年、ドイツのハンブルクで商売をしていた後の創業者であるウェルヘルム・リープは、アメリカ旅行で立寄った産業博覧会で風変わりな1本のチューブラ(パイプ状の)ペンと出会います。帰国後その風変わりなペンをヒントにチューブラ万年筆を考案します。「ティンテンクリ」と名付けられたユニークな万年筆は瞬く間に評判になり、1931年に新たにリープ社を設立、翌年には世界34ヶ国に輸出するヒット商品となりました。その後、第2次世界大戦後のダメージにも負けず、焼失後に再建された工場は2代目のヘルムート・リープに委ねられ、改良・改善の歴史を経て1953年センセーショナルな製図ペンが誕生するに至ります。「正確な線こそ美しい線」の情熱と信念の元、ウィルヘルム・リープの物作りにかけたコンセプトは次々に世に送り出す商品に継承されました。そして、トレードマークである「赤い輪」は信頼の印として世界中に定着し、今ではロットリング・ブランドは世界中に愛され、世界No.1の地位を確立しています。また、厳しい精度と機能に培われたロットリングの技術は、製図・デザイン分野だけにとどまりません。あらゆるフィールドで信頼されるブランドを目指し、製図・デザイン用品はもちろん、一般筆記具を含むオフィス用品等、様々な製品をワールドワイドなスケールで世に送り出しています。
価格