シュミンケの布用絵具・版画用絵具類

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

ターナー 布えのぐ とは?

布用絵具とは布に描くことができる専用の絵具で、最大の特徴は洗濯をしても色落ちしないところにあります。中でも人気であるのが、ターナー色彩から発売されている「布えのぐ」です。綿・麻・ポリエステル・デニムなど様々な生地へ描くことが可能で、オリジナルのトートバッグやスニーカーなどを作ることが出来ます。専用のメディウムを使用すれば、にじみの表現やシルクスクリーン印刷まで簡単に出来る優れものです。色数も豊富で通常色は勿論のこと、品のある日本の伝統色や、キラキラとしたラメカラー、鮮やかな蛍光色など全45色を揃えております。混色も可能なので、使いたい色が無い時は自分好みの色をつくることも出来ます。ラメカラーや蛍光色はちょっとしたワンポイントにもおススメです。

ターナー布えのぐと相性の良い布について

ターナー布えのぐを使用するにあたり、アイロンでの熱処理は不要です。綿・麻・ポリエステル・デニムなど さまざまな布地に描けます。(※一部、化学繊維の種類によっては密着しづらいものもあります。)塗り面積は布の種類によって異なりますが、20mlチューブ1本で、約A4サイズ1枚を塗ることができます。乾燥後はゴワツキがなく洗濯も可能です。(※ドライクリーニング不可。※布の種類によっては多少ゴワツキが出る場合もあります。)布えのぐとの相性が良い布は次の通りです。【綿】幅広く衣類や雑貨に用いられている綿。専用メディウムを使えば簡単にグラデーション表現できます。【麻】ざっくりとした目が特徴の麻。水や専用メディウム少し多めに加えてぼかした表現も面白いです。【ポリエステル】衣類など様々な用途に使われているポリエステル。重ね塗りしてもキレイに仕上がります。【デニム】濃い色のデニム生地も下地にホワイト(濃)を塗ると発色がキレイになります。最初の下地作りがポイントです。

シュミンケについて

「ベストを尽くす為に妥協をしない」ドイツが誇る絵具メーカー。「ヘルマン・シュミンケ」と「ヨセフ・ホラダム」の二人によって「シュミンケ」社は創業されました。1881年にイタリアのフローレンス アカデミーで絵具の開発をしていた「チェーザレ・ムッシーニ」教授から伝統的な樹脂油絵具、ムッシーニ油絵具のレシピを受け継ぎ、販売を始めました。後の1893 年にはヨーロッパで最高品質とされるホラダム透明水彩絵具を発明し、ヨーロッパで特許を取得。会社は急速に発展し、当時のドイツのトップ絵具メーカーの地位を獲得しました。シュミンケは長い歴史の中で認知され、数多くの有名アーティスト、修復家に支持されました。世界で最も品質の良いドイツ製絵具を造り続ける事を使命に掲げています。

「ムッシーニ油絵具」について

シュミンケの最高級樹脂油絵具ムッシーニは、業界の最高の水準を満たすべく、極めて特別なプロセスで製造されている、世界的にみても比類ない油絵具です。それぞれが純粋な形で、できる限り最高の濃度で含まれている、最良の伝統的な顔料と、新しく開発された極めて上質の多くの顔料を色によって使い分けています。ムッシーニの101色はすべて、最高の耐光性(83の絵具が上位にランクされています)、最大の明度、そして色彩の純度を有します。1色の油絵具を作るのに、使用する顔料の種類があまりにも多すぎると、パレットで混ぜたときに絵具が「灰色がかってしまう」場合があります。64の単一顔料のみを配合して絵具の純度を維持することによって、ムッシーニは絵具を混ぜたときに極めて優れた、くっきりと鮮やかな色が得られることを保証します。ムッシーニの全110色のうち42の絵具は透明もしくは半透明であるため、光を深く浸透させ、とても素晴らしい明度と豊かで明るい色彩を生み出す(半)透明の絵画技法に完璧に適しています。
価格