クサカベの布用絵具・版画用絵具類

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

ターナー 布えのぐ とは?

布用絵具とは布に描くことができる専用の絵具で、最大の特徴は洗濯をしても色落ちしないところにあります。中でも人気であるのが、ターナー色彩から発売されている「布えのぐ」です。綿・麻・ポリエステル・デニムなど様々な生地へ描くことが可能で、オリジナルのトートバッグやスニーカーなどを作ることが出来ます。専用のメディウムを使用すれば、にじみの表現やシルクスクリーン印刷まで簡単に出来る優れものです。色数も豊富で通常色は勿論のこと、品のある日本の伝統色や、キラキラとしたラメカラー、鮮やかな蛍光色など全45色を揃えております。混色も可能なので、使いたい色が無い時は自分好みの色をつくることも出来ます。ラメカラーや蛍光色はちょっとしたワンポイントにもおススメです。

ターナー布えのぐと相性の良い布について

ターナー布えのぐを使用するにあたり、アイロンでの熱処理は不要です。綿・麻・ポリエステル・デニムなど さまざまな布地に描けます。(※一部、化学繊維の種類によっては密着しづらいものもあります。)塗り面積は布の種類によって異なりますが、20mlチューブ1本で、約A4サイズ1枚を塗ることができます。乾燥後はゴワツキがなく洗濯も可能です。(※ドライクリーニング不可。※布の種類によっては多少ゴワツキが出る場合もあります。)布えのぐとの相性が良い布は次の通りです。【綿】幅広く衣類や雑貨に用いられている綿。専用メディウムを使えば簡単にグラデーション表現できます。【麻】ざっくりとした目が特徴の麻。水や専用メディウム少し多めに加えてぼかした表現も面白いです。【ポリエステル】衣類など様々な用途に使われているポリエステル。重ね塗りしてもキレイに仕上がります。【デニム】濃い色のデニム生地も下地にホワイト(濃)を塗ると発色がキレイになります。最初の下地作りがポイントです。

クサカベについて

油絵具の老舗「クサカベ」は1928年(昭和3年)薬剤師だった日下部信一による「クサカベ油絵具製造所」の設立が礎となっています。後の1971年(昭和46年)「クサカベ油絵具製造所」の廃業にともない、クサカベの系統は「アサヒ絵具」「クサカベ油絵具」「ミノー油絵具」の3つに分流しますが、1996年(平成8年)旧クサカベ系3社が再び統合され「株式会社クサカベ」が誕生しました。現在は「アクリル絵具」と「油絵具」両方の特性を併せ持った「アキーラ」が新しい絵具として注目されています。アキーラの名前は、アクア・アルキド・テンペラから取られたことが由来です。世界初の精製アルキド樹脂絵具で、支持体の選択肢が広まり、より豊かな表現を可能にしました。テンペラ絵具のように、水性・油性を問わず描くことが出来るのが最大の特徴です。株式会社クサカベは絵具づくりを通じ、人々の生活を豊かにする芸術・文化の創造に深く関わりをもってきました。今後も社会との共生を鑑み、さらにグローバルな視点から「地球環境との調和」を考慮し、「環境負荷の少ないモノづくり」に専念し、社会の発展に貢献することを方針としています。
価格