ホルベインのペイント塗料

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

塗料について

塗料とは対象物を保護する為に、その表面に塗り付ける材料の事を指します。よく絵具と比較されますが、絵具は絵を描く事を目的としている為、対象物の保護を目的としていません。塗料には用途に応じて様々なタイプがあります。例えばペンキやニスに代表されるように液状で溶剤の揮発によって固化し、表面に塗膜を形成して対象物の美観を整えつつ保護するもの。あるいは、オイルステインなど粘度が低く、木などの材料内部に浸透し材料その物の劣化を防ぎ着色するもの等があります。日本の雑貨工業品品質表示規程では塗膜を形成する為の主成分の種類に応じて表示がされています。特に、乾性油を主成分とするものは[油性塗料]、ニトロセルロースを主成分とするものは[ラッカー]、合成樹脂を主成分とするものは[合成樹脂塗料]、セラックを主成分とするものは[酒精塗料]と表示することになっています。また以前は有機溶剤で希釈するものが圧倒的に多かったのですが、最近では、環境・健康・利便性等に配慮して水で希釈できるタイプの水性塗料の比率も増えてきています。

ホルベインについて

ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格