ミューズのカラーインク・ホワイトインク・マスキングインク・墨液

ミューズのカラーインク・ホワイトインク・マスキングインク・墨液の商品一覧です。
世界堂では、絵具・インク・メディウム類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

インクについて

インクとは顔料・染料を含んだ液体、ジェル、固体であり、文字を書いたり表面に色付けする為に使用されます。筆記や印刷で用いるものはオランダ語由来の「インキ」と呼ぶ場合が多いです。日本や中国で古くから使われている[墨]もインクの一種に数えられています。またインクには油性と水性があります。油性インクは乾くと耐水性となりますが、長時間未使用のまま保存するとインクが固まってしまう恐れがあります。水性インクは長時間未使用でも固まらない為、保存に優れていますが水に濡れると滲んでしまう弱点があります。この為、近年ではボールペンやプリンターなどで[水性顔料インク]が多用されています。長期保存に耐え水に濡れても滲みにくく、手についても水洗いで落とせるといった利点を持っています。

おすすめのマスキングインク

マスキングインクとは、紙の地を残して白抜きを作る為の専用インクです。描写したくない部分に塗ることで紙の地を一時的に覆い隠し、最後に剥がすことで簡単にマスキングをすることが出来ます。透明水彩絵具において、ホワイトの混色や重ね塗りは実はあまり推奨されていません。何故なら、その独特の透明感を鈍らせ、色が濁った印象になりやすいからです。その為、色の濃淡は水分量で調整し、白は紙の地を生かして描くことが一番絵具の彩度を損なわない方法とされています。水彩画を描くにあたり、マスキングインクは正に必須アイテムと言えるでしょう。中でもおすすめであるのが、【ホルベイン マスキングインク55ml(W466)】です。このマスキングインクは塗った箇所が淡い水色に着色されるので、無色の製品と異なりどこに塗ったのか一目で確認することできます。また、マスキングインク特有のゴムの臭いが弱めであることもポイントです。その他、インクを剥がす際は【ミツワ ラバークリーナー】を使用するのがおすすめです。

ホワイトインクの特徴と選び方

ホワイトインクは主に修正や光沢(ハイライト)の描き込み時に使用します。水性・油性のものがあり各々特徴が異なるので、自分の用途に合ったものを選ぶ必要があります。■【染料インク】水に溶ける性質を持ち、混色が可能で色の発色が良い。耐光性に劣り、乾燥後も水に溶ける特徴があります。[ターレンス エコライン 100ホワイト / W&N ドローイングイン 702ホワイト等]■【顔料インク】主に漫画原稿の制作や筆記用に使われます。耐光性・耐水性に優れており、「修正用」に特化したホワイトが多く発売されています。[アートカラー 漫画修正インク / デリーター ネオピコライン[ホワイト]0.5mm等]■【油性インク】速乾性があり、固着性が強い性質があります。主にマーカー等のペン類で展開されていますが、よく知られているものは[ライオン ミスノン W-20]です。珍しい刷毛タイプの修正液で、プロの漫画家に愛用者が多いホワイトです。

ミューズについて

1960年(昭和35年)、安倍川工業株式会社が製造していたミューズコットンなどのカラーペーパーを販売する子会社として、株式会社東京ミューズ巧芸社が創立されました。1966年(昭和41年)独立後は画材店・学校などに用紙を販売し、お客様の要望に応える形で画用紙・水彩紙・スケッチブックなど、ラインナップを拡大していきました。水彩紙の分野では日本随一であり、ミューズが開発した国産で初めての水彩紙「ワトソン」は、現在も国内水彩紙のトップセールスを誇ります。また、多くのアーティストが待ち望んだ「国産初のコットン100%水彩紙」として「ランプライト」を開発しました。イラストボードを日本で初めて生産したのもミューズです。ボード芯の素材に牛乳瓶のフタから着想を得るなど、柔軟な視点と閃きから開発されました。その他にも、スケッチブックから用紙を切り離す際に切断面がガタガタしない形状の「スキップアーチ」を開発し、後に特許を取得。独創的な製品の開発を行い続けています。ミューズは画才用紙のトップサプライヤーとして、「紙の世界からクリエイティブな活動に寄り添い、パートナーとして支える」という姿勢の元、世界に通用する製品を開発・販売していくことを掲げています。

世界堂はミューズカラーインク・ホワイトインク・マスキングインク・墨液をご用意している通販サイトです。絵具・インク・メディウム類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格