三菱鉛筆のアクリル絵具

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

アクリル絵具の特徴と欠点

アクリル絵具は1950年代に発明されて以来、長い歴史のある油絵具と共に今日の代表的な絵具の一つとなっています。アクリル絵具とは石油から合成されるアクリル樹脂を媒材として開発された絵具です。アクリル絵具の主な特徴として【水で溶く】【早く乾く】【ひび割れしない】などがあります。アクリル絵具は水で溶いてから描きますが、絵具が乾くと耐水性となります。また水で薄めていくと水彩絵具のような表現も可能です。またエアブラシなどにも用いられます。油絵具が酸素を吸収して結合するという化学的変化によって固化するのとは違い、アクリル絵具は水分が蒸発することで固化します。その為、絵具の乾燥に要する時間が少なく早く塗り重ねが出来るので、大きな画面を制作する場合やライブペイントなどに適しています。アクリル絵具の媒材であるアクリル樹脂は可塑性のあるメディウムである為、柔軟性のある塗膜に富み、ひび割れがしにくい性質があります。厚塗りした画面であっても、キャンバスを木枠から外して巻いたり、折り曲げても、ひび割れることはありません。一方、アクリル絵具にも【絵具が痩せる】【色が沈む】【厳寒に弱い】などの欠点があります。上記にも記した通りアクリル絵具は水分を蒸発して乾くので、乾いた画面は描画している時より体積が減ってしまい痩せたように見えます。 この為、地塗りや下塗りの段階で厚みを作っておくなどの工夫が必要です。色が沈む原因としては、アクリル絵具は濡れている時の「濡れ色」と、乾いた後の「乾き色」に差があります。塗れている時には水分を含んで鮮やかに見えていた色でも、乾くと少し暗く沈んだ色合いになります。その差は色によって異なりますので、あらかじめそれぞれの色の変化を知っておく必要があります。またアクリル絵具は寒さに弱く4℃以下の低温になると造膜ができなくなり、接着力も弱くなるという性質があります。冬季には野外での使用は避けた方が良いでしょう。アトリエなどの室内でも、夜間になると暖房を消して4℃以下の低温になる環境では、使用する前に室温を20℃程度に温めてしばらく置いておくと元に戻ります。低温に弱いアクリル絵具は凍結すると変質する可能性がありますので、凍結を防ぐ為にアクリル絵具には凍結安定剤としてグリコールが混ぜられています。

三菱鉛筆について

三菱鉛筆株式会社の礎となった「眞崎鉛筆製造所」は創業者眞崎仁六により、明治20年(1887年)に内藤新宿(現:新宿区内藤町)にて創業されました。明治11年(1878年)にパリで行われた万博で初めて鉛筆を見た眞崎仁六は、その感動を元に様々な研究と努力を重ね、日本初の鉛筆工業生産に成功しました。その後も数々の失敗を重ね、試行錯誤を繰り返しながら、明治34年(1901年)に、「逓信省(現:総務省)御用品」として採用されたのが『局用鉛筆』です。このときの感動を後世に残すべく、眞崎仁六は、記念の商標を登録するに至りました。『局用鉛筆』には一号、二号、三号という3種の硬度があり、これに合わせて眞崎家の家紋である「三鱗(みつうろこ)」を図案化し、“三菱”というマークを考案しました。この“三菱”マークと「三菱」という商標は、明治36年(1903年)に商標登録され、三菱財閥の商標登録に先立つこと10年になります。“三菱”マークは、創業者の誇りや伝統とともに、現在に受け継がれています。創業以来、三菱鉛筆は「最高の品質こそ 最大のサービス」を社是として、常に品質向上と技術革新に努め、世界の筆記具市場をリードするメーカーとしての地位を築いてきました。60年以上のロングセラー商品『ユニ』などに代表される最高レベルの鉛筆、世界で圧倒的なシェアを持つ水性ボールペン『ユニボール』、幅広い年齢層、様々な用途に使用されているサインペンの定番『ポスカ』、なめらかな書き味の油性ボールペン『ジェットストリーム』、常に細く濃く書けるシャープペン『クルトガ』、世界で初めて工業用ダイヤモンドを配合したシャープ替芯『ユニ ナノダイヤ』、多様化したお客様のニーズに対応できる選べる筆記具『スタイルフィット』等々、技術の蓄積の中から生み出された数々の商品が、国内のみにとどまらず広く海外においても愛用され、支持され続けています。
価格