マルマンの紙・イラストボード・ロール紙

マルマンの紙・イラストボード・ロール紙の商品一覧です。
世界堂では、紙類・スケッチブック類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

紙の厚みについて

紙の厚さは坪量(つぼりょう)と連量(れんりょう)という2種類の単位で表します。
坪量・連量はそれぞれ表す内容が違っております。それぞれが表す内容と計算方法をご紹介します。まず【坪量】は紙の重量表示の方です。一定面積あたりの重量を表しており、平方メートルあたりの重さが基準となり、表示には[g/㎡]を使います。坪量[g/㎡]表示の場合は、同じ厚さの紙は寸法が違っても同じg/㎡数になります。次に【連量】ですが、「連」とは「同一規定寸法に仕上げた紙1,000枚」を表す単位です。板紙の場合ですと、100枚で1連とします。例えば、4/6判の紙の場合は4/6判が規定寸法になり、その1,000枚の重量が「連量」となります。連量の表示は[kg]を使います。連量[kg]表示の場合は、同じ厚さの紙でも寸法が違えば、kg数は変わってきます。

紙の厚みについて2

重いからといって、必ずしも触った時の厚みがあるというわけではありません。同じ重量の紙であっても、表面の凹凸具合によって、触った時の厚みの印象が異なってきますので、ケント紙などの表面がつるつるした紙は薄く、水彩紙などの表面にざらつきがある紙は厚く感じます。また、同じ紙で複数の種類の紙肌(目)がある場合は、そこでも変わってきます。わかりやすい例ですと、水彩紙などの場合、「同じ種類」「同じ重量」の紙でも、細目、中目、荒目によって厚みの印象が異なります。それは、同じ重量でも表面の凹凸具合が異なる為で、細目が薄く、荒目が厚く、中目がその中間といった具合になります。尚、「同じ種類」「同じ紙肌」の場合は重量が多くなればなるほど厚くなりますので、その場合は軽い方が薄く、重い方が厚い仕上がりになってます。

マルマンについて

マルマンと言えば、やはりスケッチブックです。その始まりは当時の社長の「子ども達が夢を思い切り描けるように」との思いから。やがてマルマンのスケッチブックは学校指定となり、時代時代の子ども達の夢を育んできました。黄色と濃い緑の表紙が特徴の「図案スケッチブック」シリーズは2018年に量産60周年を迎え、累積販売数は8千万冊を突破しました。誰もが一度は使った事のあるこのスケッチブックは、品質改良を重ね、常に進化し続けるマルマンの看板製品です。また、マルマンは紙にもこだわり続けています。紙を手掛けて90年、マルマンのオリジナル用紙は13種。どんな筆記具にも対応する筆記用紙から、子供から専門家まで使える画用紙など、様々な要望に応える用紙を製造しています。

世界堂はマルマンの紙・イラストボード・ロール紙をご用意している通販サイトです。紙類・スケッチブック類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格